FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

「JAXA相模原キャンパス特別公開」見学記その1 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155251)」

JAXA

はやぶさのカプセル展示で話題になった今年のJAXA特別公開です☆

JAXA

「宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所」。凄く広い敷地。
建物同士が離れているのは事故等への配慮もあるとか。

JAXA

会場はこんな感じです。

JAXAJAXA

ぐるっと建物を取り巻いて並び、更に隣接の公園の遊歩道を一周。その後やっと・・入場。

ニュース等で「最大4時間待ち」と言われていたのは、お向かいの相模原市立博物館で特別展示されていた「はやぶさカプセル」に入場する為の列の事。JAXAの本来の研究棟の公開の方は、それなりに混んでいましたが、グッズ売り場で少し並んだ位かな?

JAXA

カプセルそのものは写真撮影禁止。展示されていたのは、前面ヒートシールド、背面ヒートシールド、インスツルメントモジュール、搭載電子機器部、パラシュート、エンジニアリングモデル。

ヒートシールド・・熱で樹脂が蒸発する時の気化熱で表面を冷却、発生したガスがカプセルを覆って断熱する仕組み。大気圏突入で大活躍!!黒く焦げたヒートシールドの表面に過酷な突入の痕跡が。搭載電子機器部は基盤がむき出しに。何となくNECっぽいと思ったらそうらしい(笑)・・・とゆっくり見る暇もほとんどなく「止まらないで下さい」と追い立てられます。



「大気圏突入」でガンダムを思い出すのは仕様です(ノ∀`)あんな薄っぺらいシートでと・・その当時、このヒートシールドの理論があったかどうかは定かではありませんが。

JAXAJAXA

イトカワの模型。表面にちっちゃいはやぶさが!!

JAXAキャンパスへ移動・・・

はやぶさ実物大模型

第1会場で最初に目に入るのははやぶさの模型。

JAXA

トロステの背景にもなってました!!

JAXA

ハイブリッドロケット。固形燃料と液体燃料の良い所を生かして、燃費が良くて低価格のロケットになるらしい・・まあ、失敗するとその逆になるんですね(^^;

JAXA

宇宙ヨット「イカロス」の模型。これは小さいですが、実物大セイルを広げたもの(1/4だけですが)を第4会場で見る事が出来ました。

JAXA

こんな風に擬人化されていた子ですw

JAXA

あのヒラヒラは薄膜太陽電池と呼ばれるものなのです。

JAXA

新型はこんな感じになるらしいですよ。

JAXA

セイルを折りたたんだ状態のイカロス(IKAROS)。帆の収納には日本の折り紙の技術が使われました。他会場で折り方を説明した紙も配布されて、その場で折り紙体験も可能でした。

(つづく)

JAXAのHPはこちら


にほんブログ村 アニメブログへ

もるがんのTwitter(morgantick)☆フォロー歓迎☆

Category - 演劇☆絵画☆イベント

0 Comments

Post a comment