FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」感想

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~(阿部寛、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈、山崎努) [DVD]

重なり合う幾つもの父と子の物語
ひとつの悲劇の波紋が時を経て更なる悲劇を引き起こす


二時間ドラマで十分という見方もありますが、TVではこの面白さには出来なかったでしょう。だって予算的にちょっと良い役者さんが出たら「あ、この人が犯人」と出オチになってしまうけれど、映画ではそれなりに格のある役者さんが何人も登場して、ネタ割れを防いでくれてましたから(笑)

容疑者を交通事故で殺してしまった警官の責任問題への追求とか、労災隠しとか、もし「相棒」あたりなら、その方向でのストーリーの発展もあったと思うのですが「新参者」ではスルー。そのあたりが物足りないと言えば物足りないですね。

たい焼きはなかったけれど、タコ焼きはありましたね☆

水天宮や人形町あたりの風景も良いですね
今度お散歩しに行きたくなります

映画 麒麟の翼 オリジナル・サウンドトラック
日本橋の麒麟の像を見て、真っ先に「帝都物語」を思い出してしまった私です(^^;

「平清盛」では清盛の父として、この映画でも苦悩する父親を好演の中井貴一さん。彼の存在が映画を引き締めてくれた気がします。声がお父さんの故・佐田啓二に良く似ていますよね。ここにも父と子を感じてみたり。

父と子といえば・・お腹の中の子とその父親
新しい一歩を踏み出す彼女の姿も、主題に絡んで来るのですよね

加賀のコミカルな変人ぶりや不気味さは、ほとんど見られず。

阿部寛の”妙な人”の形が固まったなと感じたのは「血を吸う宇宙」あたりからかな。本来なら彼程の人なら出演しない映画だったと思います。たぶん、多方面にチャレンジしようという時期だったのでしょう。

色々と残念な映画だった「ヤマトタケル」(コンセプトは良かったけれど、それを生かすアイデアも配役のセンスも演出も不足していたよね)でのツクヨミも雰囲気が良くて、時代劇も似合うなと。

本当にカッコいい人は、着飾らなくても、真っ白なTシャツ一枚でもカッコいいのだよね(ノ∀`)


監督 土井裕泰
脚本 櫻井武晴
音楽 菅野祐悟
原作 東野圭吾

加賀恭一郎 阿部寛
中原香織 新垣結衣
松宮脩平 - 溝端淳平
青柳悠人 - 松坂桃李
吉永友之 - 菅田将暉
杉野達也 - 山﨑賢人
横田省吾 - 柄本時生
青柳遥香 - 竹富聖花
黒沢翔太 - 聖也
青山亜美 - 黒木メイサ(友情出演)
加賀隆正 - 山崎努(特別出演)
八島冬樹 - 三浦貴大
糸川肇 - 劇団ひとり
吉永美重子 - 秋山菜津子
小竹由紀夫 - 鶴見辰吾
小林 - 松重豊
金森登紀子 - 田中麗奈
青柳武明 - 中井貴一


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへドラマQ

Category - 映画・配信・DVD・BD

4 Comments

グロリア@楽天  

携帯は、アンドロイドですが。

コメントありがとうございます。
携帯は、色々検討した結果、Auのアンドロイドです。やはり、セフィロス仕様にしたければ自分で行きましたやらないとだめでしょうね。

2012/02/09 (Thu) 17:21 | REPLY |   

もるがん  

>グロリアさま
わざわざありがとうございます☆私もauです。透明なケースにセフィのシールを貼ってます(ノ∀`)

2012/02/10 (Fri) 05:49 | REPLY |   

グロリア@楽天  

同じく

私も、透明なケースにいれてセフィロスシール貼ってます。
(^_^;)

2012/02/11 (Sat) 18:19 | REPLY |   

もるがん  

>グロリアさま
あの翼のシールですね(ノ∀`)

2012/02/13 (Mon) 00:20 | REPLY |   

Post a comment

18 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」謎解きに感動!
  • [麒麟の翼] ブログ村キーワード  東野圭吾 原作、人気小説シリーズの映画化。「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」(東宝)。阿部寛演じる“刑事・加賀恭一郎”の活躍を描いた本作。なかな...
  • 2012.02.06 (Mon) 22:11 | シネマ親父の“日々是妄言”
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼〜劇場版・新参者〜
  • 原作者東野圭吾自身が、シリーズ最高傑作と言う『麒麟の翼』の映画化作品。 原作は読んでいてその面白さは知っていたのですが、本は面白いのに映像化されるとイマイチと言う事が良
  • 2012.02.06 (Mon) 22:20 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜/阿部寛、溝端淳平
  • TVドラマ『新参者』は一度も観たことがなかったのですが、その後に単発スペシャルで放送された『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』を観 ...
  • 2012.02.06 (Mon) 22:23 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼〜劇場版・新参者〜
  • 日本橋だョ!全員集合 公式サイト。東野圭吾原作、土井裕泰監督、阿部寛、溝端淳平、新垣結衣、中井貴一、三浦貴大、松坂桃李、田中麗奈、劇団ひとり、山崎努、菅田将暉、竹富聖花 ...
  • 2012.02.06 (Mon) 22:23 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』
  • □作品オフィシャルサイト 「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」□監督 土井裕泰 □原作 東野圭吾 □脚本 櫻井武晴 □キャスト 阿部 寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈
  • 2012.02.06 (Mon) 22:47 | 京の昼寝〜♪
この記事へのトラックバック
  •  [映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』を観た(短信)]
  • ☆かなり面白かったが、気になる点も多々ある物語だった。 ・・・日本橋付近で刺殺事件が起こり、被害者は瀕死の重傷の中で、わざわざ「麒麟の翼」像まで歩き、辿り着き息絶える。...
  • 2012.02.06 (Mon) 23:20 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼  劇場版 ・新参者
  •   東野圭吾の小説「麒麟の翼」の映画化。 監督は土井裕泰。 阿部寛主演で放映された、 連続ドラマ「新参者」と同じく 阿部寛が主人公で、 刑事、加賀恭一郎を演じる。 共演は新垣
  • 2012.02.06 (Mon) 23:26 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼 劇場版・新参者
  • 原作は人気ミステリー作家・東野圭吾の「加賀恭一郎シリーズ」。その中の「新参者」をベースにした同名テレビドラマの映画版。東京日本橋の翼のある麒麟像の前である男が死亡するの...
  • 2012.02.06 (Mon) 23:32 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼〜劇場版・新参者〜
  • 映画 麒麟の翼 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東野圭吾のミステリー小説“加賀恭一郎シリーズ”の映画化「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」。ダイイングメッセージは父 ...
  • 2012.02.06 (Mon) 23:57 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「麒麟の翼 劇場版・新参者」
  • 勇気を、持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310003/ 麒麟の翼 劇場版・新参者 オフィシャル・フォトブック マガジンハウス マガ
  • 2012.02.07 (Tue) 06:36 | 日々“是”精進! ver.A
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  土井裕泰監督 「麒麟の翼」
  • 2012年2月1日、2本目に観たのは東野圭吾原作の加賀恭一郎シリーズ「麒麟の翼」 原作は東野さんの作品の中でも、私は比較的好きな作品。 原作のレビューはこちら⇒http://blog.go...
  • 2012.02.07 (Tue) 09:06 | 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  麒麟の翼〜劇場版・新参者〜
  • 東野圭吾の推理小説『麒麟の翼』を、東野作品をテレビドラマ化した『新参者』での“加賀恭一郎”役が好評を得た阿部寛主演で映画化。刑事・加賀恭一郎が、日本橋で起きた殺人事件 ...
  • 2012.02.08 (Wed) 19:25 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
この記事へのトラックバック
  •  「麒麟の翼」〜劇場版・新参者〜
  • 〜人は最後に何を願うのか〜 2011年   日本映画     (2012.01.28公開)配給:東宝              上映時間:129分監督:土井裕康原作:東野圭吾 (講
  • 2012.02.11 (Sat) 17:32 | NAOのピアノレッスン日記
この記事へのトラックバック