FC2ブログ

アクエリオンEVOL 第8話 さらけだせ

☆もるがん☆

アクエリオンEVOL Vol.1[初回特典:イベントチケット優先販売申込券付] [DVD]

公式HPよりあらすじ
アンディが穴で発掘した謎の古文書、それは”禁断のアクエリオン”を自在に操る術が載っているという伝説の「双星の書」なのか、それとも・・・。古代文字をスラスラと解読するMIXに興味と期待の目差しが注がれた――。一方、前回の戦闘で完敗を喫したジンは万全の対抗策をたて、重装甲型ラディウス・グニスに搭乗する。そして、ヴェーガへと再び進攻を開始するのであった・・・。


目指せ女子更衣室・・って(^^;

無駄にエレメント能力を使っているというか。いや、無駄じゃないな。少なくとも未知なる合体の期待に胸振るわせる彼と彼に共感する青少年にとってはw

サザンカの盗撮能力も半端ない!!

君の神話~アクエリオン第二章

アマタの浮き芸、ギャグ度増してます(^^;

女性のいなくなったアルテア。種の存続の為に次元転送に耐えられる”真実のイブ”を探す。それが侵攻の理由。アリシア一人では足りないらしい。レアイグラーと呼ばれるのがその資格者らしい・・まあ、ぶっちゃけ、それがミコノが狙われる理由?

イズモ総司令とジンは良いコンビ。
ミカゲとカグラも良いコンビ?

この陣営でのアルテア側の勢力争いという気配。ミカゲはカグラの嫉妬心をあおって、何かを狙っている様子。愛するものを奪われた哀しみ・・あの姿であの言葉だと頭翅を思い出す。

アマタ、ゼシカ、ミコノでの出撃。
ZENさんのいつもながらの謎判断。

創星のアクエリオン-裏切りの翼-【限定愛蔵版】 [DVD]

この後は、アクエリオンの中で洋服が消えていく珍事(´∀`)

「今、肌が感じた!」

肌をさらせばさらす程、敵の攻撃がよけられるww
何がやりたいんだ、アクエリオンwwww

無防備合体!!アクエリオンwwww

これはジンも予測出来ないよね(^^;何せ女のいない世界から来たわけだしw

「肌を火照らせ、肉を断て!!」

おいおい、ZENさん!今週もい死にさせるつもりですかww


モロイは何気に良いキャラに描かれてるよね。やっと当初のキャラが出揃った感じ。ここからどんな恋愛ギャグw合体が描かれていくのか楽しみ。勿論、メカもね(´∀`)

シュレード、何故あそこでボタンをはずす!?
腐女子対策ですねそうですね(´∀`)


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへドラマQ
Posted by☆もるがん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 8

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  アクエリオンEVOL  ~   第8話 さらけだせ
  • アクエリオンEVOL  ~  第8話 さらけだせ 2005年に放送された『創聖のアクエリオン』の続編にあたる作品。ただし舞台設定は前作から1万2千年後の世界になっており、登場人物やメ
  • 2012.02.22 (Wed) 05:05 | 動画共有アニメニュース
この記事へのトラックバック
  •  アクエリオン EVOL 第8話 さらけだせ
  • 女子との垣根もなくなったのに穴を掘るアンディ。 目指すは女子更衣室のようですが、アンディが出た場所と、そこで拾った本は… サザンカは前の社会科見学の時の写真を趣味と実益 ...
  • 2012.02.22 (Wed) 05:30 | ゲーム漬け
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  アクエリオンEVOL 第08話 『さらけだせ』
  • 脱げば脱ぐほど強くなる。羞恥心と開放感のせめぎ合い。それどこの脱衣麻雀!?今回は露出多めのへそ出しガール、ゼシカ回です。 アンディが持ち込んだ古代の生徒手帳の校則。スカ
  • 2012.02.22 (Wed) 13:49 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  アクエリオンEVOL 第8話
  • 「さらけだせ」 とんだ狂想曲だ… 俺にはとても奏でられない… もしかして…? 影響されて便乗しちゃった?ww アメブロから削除されそうなので、念のためにミラー
  • 2012.02.22 (Wed) 18:03 | あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
この記事へのトラックバック
  •  アクエリオンEVOL 第8話「さらけだせ」
  • 「これぞ 羞恥心と解放感の猛烈なせめぎ合い!  肌を火照らせ 肉を断て!」 無防備こそ最大の武装――!! ラディウス・グニスでヴェーガへとやってきジンと対峙するアマタたち! 【
  • 2012.02.22 (Wed) 21:04 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック