FC2ブログ

超訳百人一首 うた恋い。第3話 「宗貞と吉子 僧正遍昭」

☆もるがん☆

超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [Blu-ray]

藤原のスカイツリー定家
紀の東京タワー貫之・・(´∀`)


六歌仙の一人、喜撰法師に会いに行った貫之君
本当の事をいきなり言っちゃダメでしょw

わが庵は都のたつみ鹿ぞ住む 世をうぢ山とひとはいふなり

・・の人ですね。

公式HPよりあらすじ
良岑宗貞は小野良実の娘・吉子と子供のころから兄妹のように育った。男たちの「百夜通い」の話との吉子後宮入りの噂を耳にすると、宗貞は自ら百夜通いに挑むことを決意する。子供の頃からお互いを想いあっていた宗貞と吉子。 気持ちが通じあったかのように見えた二人だったが、宗貞は結婚したら宮仕えして自分の能力を試したいという吉子を説得できないまま、膠着状態が続いていた。そしてついに運命の百夜目が訪れる


小野小町というより清少納言ですよね、性格的に。

それよりも歌と生き様について情熱的に語っているのを聞いていると、そのまんまシェリルさんですよねw中の人が同じという事もあるのですが(^^; どっちの”歌”なのだかw

マクロスF VISUAL COLLECTION シェリル・ノーム

「私の歌を聴け!」

・・と叫びだしそうなお姫様でした(´∀`)

深草少将の百夜通いは世阿弥の創作といわれる能。この中では百日を前に死んでしまうのだけれど・・ある意味、宗貞の恋が死んだのですから、同じ事。この作品の上手い所は虚実取り混ぜて、面白おかしく作り上げてある所。単なるなんちゃって物で終わらずに。喜撰法師と小野小町が対でおかれる事も含めての構成、趣あります。

宗貞、後の僧正遍昭。六歌仙および三十六歌仙にも選ばれた彼の歌、有名ですね。

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ

こちらも喜撰法師とは”坊主めくり”つながりという事で・・(゚Д゚)オイw

小野小町ゆかりの京都の隋心院

小野小町ゆかりの京都の隋心院

中心部からやや離れた場所にあるので、訪れた時は静かでした。庭も建物も風情があります。ご先祖様の住いが移築されているのを縁に行ってみたのですが、静かな良い時間を過ごせました。小町が宮中から退出してから滞在した場所と言われています。小町の化粧の井戸(木の葉が詰った有様も、小町の落魄伝説にむしろふさわしいたたずまいかも)なども。

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせし間に

原作 - 杉田圭(メディアファクトリー刊)
監督 - カサヰケンイチ
シリーズ構成 - 金春智子
キャラクターデザイン・総作画監督 - つなきあき
美術監督 - 柴田千佳子
色彩設計 - 川上善美
撮影監督 - 石黒晴嗣
編集 - 後藤正浩
音楽 - 光田康典、桐岡麻季
音響監督 - 本山哲
アニメーションプロデューサー - 皆川護
プロデューサー - 奈良初男、高橋知子、横山朱子
アニメーション制作 - TYOアニメーションズ
制作 - NAS
製作 - 和歌恋製作委員会(NAS、アニプレックス、テレビ東京、TYOアニメーションズ、キュー・テック)

藤原定家 梶裕貴
在原業平 諏訪部順一
藤原高子 早見沙織
小野小町 遠藤綾
良岑宗貞 内田夕夜
文屋文秀 千葉進歩
宇都宮頼綱 下野紘
式子内親王 大原さやか
在原行平 遠藤大智
弘子 小林沙苗
陽成院 森久保祥太郎
綏子内親王 宝木久美
紀貫之 代永翼
喜撰法師 佐藤祐四
藤原義孝 石田彰
高内侍 平田絵里子
藤原道隆 楠大典
清少納言 茅原実里
藤原実方 子安武人
藤原斉信 曽世海司
藤原行成 寺島拓篤
藤原公任 岸尾だいすけ


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい
Posted by☆もるがん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック