FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

夏雪ランデブー 第10話 感想

夏雪ランデブー 2 (Feelコミックス)

「私の好きになった葉月君は、どこにいるの?」

公式HPよりあらすじ
本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は、気がつくと実体のない幽霊化した姿で現世に戻っていた。彼は、そこで葉月(中身=島尾)を「島尾くん」と呼び、楽しそうにふるまう六花を見てショックを受ける。


妄執という言葉がある。
成仏を妨げる虚妄の執念。


まさに島尾君の状態そのもの。彼の六花ちゃんへの執着が、葉月と六花ちゃん自身をも危険に晒す。でも死んだものには歯止めは効かない。どんどんと凄みを増して来る島尾君の言動。彼には人の命の尊厳はなど、もはやどうでも良い事。六花ちゃんと一緒にいる事だけが、彼の望み。

幽霊になってしまった葉月。目の前の自分の身体と店長の会話を聞く事が出来ても、どうする事も出来ない。以前の島尾君と同じ。葉月の存在を消してしまおうとする島尾君の冷酷を突きつけられる。

パステル色の童話の世界、一転してサスペンス劇場の断崖、そして森の中。

次々と変わる舞台。六花ちゃんへの想いを抱いた二人の心の彷徨は止まらない。止める事が出来るのは、今現在の彼女の気持ち・・なのだろうけれど。

人を愛する事は素晴らしい。
でも、ひとりよがりの思い込みは、愛じゃない。

抑えた言葉、抑えた声、低めに響く二人の男の声。そこに甲高い女の声が重なる。切なさが増していく。


STAFF
原作 河内遙
監督 松尾衡
脚本 松尾衡
キャラクターデザイン 谷口淳一郎
音楽 村松健
アニメーション制作 動画工房

CAST
葉月亮介 中村悠一
島尾六花 大原さやか
島尾篤 福山潤
島尾ミホ 冬馬由美
アッコ 三宅麻理恵


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - ■アニメ感想(新旧色々)

0 Comments

Post a comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話
  • 夏雪ランデブーの第10話を見ました。 第10話 泣きじゃくる六花に押し倒された篤は亮介の身体を奪う外道となる決意を固めると、絵本の中で亮介は王子だと認められていた。 「俺...
  • 2012.09.07 (Fri) 05:11 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話 感想
  • 篤には同情する部分もあるけど、亮介を応援しますよ。 この状況はあまりにも気の毒すぎる。 本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は、気がつくと実体のない 幽霊化した姿で現
  • 2012.09.07 (Fri) 06:08 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー  ~ 第10話
  • 夏雪ランデブー 第1話~ 第10話 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月の恋路を
  • 2012.09.07 (Fri) 12:14 | 動画共有アニメニュース
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話
  • 夏雪ランデブー 第10話 甘い、お人好し。 幽霊に体を貸したまま長く異世界にい過ぎた影響が出始める。 メルヘン世界で開かれる自分の葬式を見て、やっと自分お立場の危うさに
  • 2012.09.07 (Fri) 20:01 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話
  • 「じゃあ 私が好きになった葉月君は… どこにいるの?」 幽霊化した姿で元の世界へ戻って来た亮介! 篤との再会を喜ぶ六花だけど…   【第10話 あらすじ】 本格的に絵本の世界に
  • 2012.09.07 (Fri) 20:02 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話
  • 『本格的に絵本の世界に閉じ込められた葉月は、気がつくと実体のない幽霊化した姿で現世に戻っていた。彼は、そこで葉月(中身=島尾)を「島尾くん」と呼び、楽しそうにふるまう六...
  • 2012.09.07 (Fri) 20:57 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー 第10話
  • じゃ、私の好きになった葉月くんはどこにいるの?
  • 2012.09.07 (Fri) 22:19 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)
この記事へのトラックバック
  •  夏雪ランデブー #10
  • 島尾はついに、葉月の体を乗っ取ろうとするのでした。メルヘンな世界ではお葬式が行われていました。誰のお葬式かと思えば、なんと葉月の葬式でした。六花が葉月の中にいる
  • 2012.09.07 (Fri) 22:40 | 日々の記録