FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」感想

映画パンフレット 劇場版 踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望 監督 本広克行 出演織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎ほか

予告に騙されたw

ホントに繋ぎ方が上手い。見終わった後に理解出来る罠が一杯。つまり映像の記録とは編集次第で、どんな風にも意図的に印象を与える事が出来るというTV局らしさが、この予告からして全開だったのね(ノ∀`)

(ヒューストン)HOUSTON M-51パーカ モッズコート 青島モデル

青島の本体はコートです☆

クリスマスシーズンという設定も、彼がコートを着ないとならないので、真夏は無理だからでしょう。

前作のgdgd具合に途中から嫌気がさしたので、今回はどうしようかと思っていたのですが・・内容も演出も引き締まって、面白い映画に仕上がってました。重くなってしまうテーマを、湾岸署の明るさとスリーアミーゴスを始め、懐かしい顔をそろえて後味の悪さを軽減して最後まで持っていった感じ。

長いシリーズの中で、少しずつ変わって来た湾岸署
今回は、大きな変化が・・・?

警察上層部の腐敗、現場無視の杓子定規の命令から生まれた悲劇。だが偉い人達は保身には熱心だが、事件の犠牲になった命の事など、これっぽっちも気にしない。保身のために平気で部下を落としいれ、辞職に追い込む。マスコミに嘘をリークしてまで。警察官の犯罪を”もみ消す”為にやって来たと見られた横山執行官。「組織を守るために来た」と彼はいう。その言葉がおごり高ぶった人間には「自分たちを守るために来た」と聞こえたらしい。

Cut (カット) 2012年 09月号 [雑誌]

窮地に立たされる室井と青島
何もかもが二人の責任にすり換えられ、辞職を勧告される


だが上の思惑よりも目の前の事件。誘拐された真下の子供を救うために奔走する青島。捜査の指揮をとる室井。事件の背後にあった6年前の事件の因縁。

全体的に面白かったのだけれど・・自分の過去の行動のせいで子供が誘拐されたのに、真下はそれについてあまりにも淡白で、何の反応も示さない。「上に従っただけ」として自分の責任ではないと思っているらしき節がある。それが鳥飼のもっとも嫌悪したものだと思うのだが、そのあたりについては描かれていない。ユースケ・サンタマリアに、そのような複雑さを要求するのは無理というのはあるのでしょう。香取慎吾の扱いも同様(すっかり彼が出るのを忘れてましたw)。出来る事だけをさせて、ボロを出さないようにしている。

■プラスミックスに特注ブラウン75%カラーレンズ込み■映画『踊る大捜査線THE FINAL』新たなる希望 小栗旬さん(鳥飼誠一役)使用サングラスバージョン プラスミックスPX-13516カラー360

小栗旬にサングラスは正解。
そうしないと凄みが出ませんよね、目が優しいから(ノ∀`)


最後に突っ込んで来たアレはないだろうwとか、今回も突っ込みながら見られる映画です。でも前作よりはずっと良い。作る側の気合を感じます。勿論織田君のも。ただ転んだだけなのに、銃声のすぐ後ってw上手いひっかけw

和久さんのやり方が解決する事件。亡きいかりや長介さんの姿が、フラッシュバック風に登場するのも良い暗示でした。雪乃さんは今となっては過去の人。残念ながらあまり感慨はなかったです。真下の淡白さで割を食った気もします。

それはともかく・・・

4作目が「新たなる希望」だから、次は「警察の逆襲」、でもって「青島の帰還」で真のファイナルかなw

湾岸

何となく馴染みのある場所が登場する作品なので、それも評価にプラスになっているのかも知れません。レインボーブリッジの見える映画館で観たし。映画館に行くまでの道筋も湾岸署の管轄なのですよね(゜∇゜)

室井さんイチオシの私です!!


監督 本広克行
脚本 君塚良一
製作 亀山千広 永田芳男
音楽 菅野祐悟 松本晃彦

湾岸警察署
青島俊作(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係係長・警部補) 織田裕二
恩田すみれ(警視庁湾岸警察署刑事課盗犯係・巡査部長) 深津絵里
真下正義(警視庁湾岸警察署署長・警視正) ユースケ・サンタマリア
真下雪乃(元湾岸署刑事課強行犯係・巡査部長) 水野美紀
緒方薫(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係・巡査部長) 甲本雅裕
篠原夏美(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係・巡査部長) 内田有紀
和久伸次郎(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係・巡査部長) 伊藤淳史
栗山孝治(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係・巡査) 川野直輝
王明才(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係・研修生) 滝藤賢一
森下孝治(警視庁湾岸警察署刑事課盗犯係・巡査部長)遠山俊也
住二郎(警視庁湾岸警察署刑事課課長・警部) 佐戸井けん太
中西修(警視庁湾岸警察署刑事課盗犯係長・警部補) 小林すすむ
婦警 小松彩夏

神田総一朗(警視庁湾岸警察署・指導員) 北村総一朗
秋山春海(警視庁湾岸警察署・指導員) 斉藤暁
袴田健吾(警視庁湾岸警察署副署長・警視) 小野武彦

警視庁
鳥飼誠一(警視庁刑事部捜査一課管理官・警視) 小栗旬
小池茂(警視庁刑事部交渉課課長・警視) 小泉孝太郎
倉橋大輔(警視庁刑事部交渉課交渉人補・警部) ムロツヨシ
久瀬智則(警視庁刑事部捜査一課・警部/犯人) 香取慎吾(SMAP)

警察庁
室井慎次(警察庁長官官房審議官・警視監) 柳葉敏郎
新城賢太郎 筧利夫
沖田仁美 真矢みき
安住武史(警察庁次長 警視監)大和田伸也
横山邦一(警察行政人事院・情報技術執行官) 大杉漣
池神静夫(警察庁長官) 津嘉山正種


カップ麺とから揚げとバナナは・・No Thanks,

にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

2 Comments

-  

ミント

すみれがバスで突っ込んできたとき、青島と子供をはねたらどうするんだと
思いましたよ。
エンドロールを見る限り強引にバスジャックしたわけじゃなさそう
円満退職が懲戒免職だわ

2012/09/29 (Sat) 14:33 | REPLY |   

☆もるがん☆  

>ミントさま

私も、青島と子供が死んだらシャレにならないよねとw

あの理不尽ぶりも、最後を盛り上げるサプライズ、絵空事ならでは許されるというノリでしょう。何もかも現実だけにこだわっていたら、元々作り物でしかない映画は成立しない時もありますからw

そこを上手くみせるかどうか、それが作り手の腕にかかってくるわけで。

2012/09/30 (Sun) 18:35 | REPLY |   

Post a comment

9 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
  • ラストダンス… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209070003/ 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラックサントラ ユニバーサル ...
  • 2012.09.09 (Sun) 05:58 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 製作年度 2012年 上映時間 126分 脚本 君塚良一 監督 本広克行 音楽 菅野祐悟 出演 織田裕二/柳葉敏郎/深津絵里/ユースケ・サンタマリア/伊藤淳史/小泉孝太郎/北村総一朗/小野武彦/佐戸井け
  • 2012.09.09 (Sun) 12:08 | to Heart
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、その後、被害者は射殺体で発見された。 湾岸所に捜査本部が置かれ、鳥飼 誠一(小栗旬)が管理官としてやって来る。 そんな中
  • 2012.09.09 (Sun) 23:41 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  •  踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 また、やるんですね。 国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件? 一体誰がさらわれたのか。 残念なことに、被害者は、殺されてしまった...
  • 2012.09.10 (Mon) 03:54 | 映画情報良いとこ撮り!
この記事へのトラックバック
  •  踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 2012/09/07公開 日本 126分監督:本広克行出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太...
  • 2012.09.10 (Mon) 10:02 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
  •  踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  • 青島 所轄で頑張ります!公式サイト http://www.odoru.com監督: 本広克行湾岸署管内で男が誘拐されて射殺された。使用されたのは、警察が押収した拳銃。犯人は刑事の久瀬と特定された
  • 2012.09.10 (Mon) 14:58 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック