孤独のグルメ Season2 第4回 群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理

「孤独のグルメ」O.S.T.

「群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理」

公式HPよりあらすじ
五郎は先輩の片岡(相島一之)に呼ばれ、いい感じに寂れた郊外の駅前にいた。目の前にはポルトガル語の看板…まるでブラジル? 「五郎~!」その時片岡が走ってきた。明るくヨレヨレ…明るいラテンのノリだった。 昔の堅物だった面影はない。片岡は、妻と二人でエステサロンを開くので、家具等内装一式五郎に手伝ってほしいという。 二人は店舗が入る予定の日本初ブラジル人向けショッピングセンター、「ブラジリアンプラザ」に向かう。入り口で出迎える妻のサンドラと熱く抱擁を交わす片岡。 どうしてこうなってしまったのか??の五郎だった。 その後片岡は急な用事が入ってしまい、娘の梨沙に町案内を頼むが…片岡と梨沙はあまりうまくいっていないらしい。梨沙は父親のヘラヘラした態度が嫌いなようだ。とはいえ、五郎は進められるがまま、チュロスを食べたり、ブラジルの珍しい食材を観たり、大泉町を楽しむ。しばらくして梨沙と別れると、いつものごとくお腹がすき…、いかにもな店、「レストランブラジル」に入り、名前を聞いただけではよくわからないブラジル料理を注文するのだった。

ゲスト/相島一之(片岡役) 鎌田楓子(梨沙役) ジル(サンドラ役)


ポッキーショック

ゴローさん、ポッキーの食べ方が面白い(´∀`)

20年前は堅い男だった先輩が、とっても柔らかい男になってましたw人前でイチャつくカップルを怒鳴りつけた位だったのに、今はブラジル妻とゴローの目の前でもはばかる事なくベタベタ( ゚д゚)

「ゴロー」

先輩の娘の梨沙ちゃんに呼び捨てにされるゴローさん、複雑な気分。
ゴロー、ゴローと、犬か何かみたいですよね(^^;

それでも好奇心一杯のゴローさん、そんな事よりも珍しい食材がいっぱいのマーケットで色々買い込んだり、初めて食すチュロスに感動したり・・そして一見無愛想な梨沙ちゃんの両親への想いを感じたり。

ブラジルのサンバ (Samba)

ひとりブラジルフェスタ

いいなあ、シュラスコ(ノ∀`)

渋谷に時々行く店があるのですが、シュラスコはやっぱり孤独よりもにぎやかにいただきたい料理ですよね。みんなでワイワイやりながら、ラテンのノリで( *~∇~)ノ

しかしゴローさん、よく食べるなぁ( ゚д゚)

にほんブログ村 アニメブログへドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment (0)

非公開コメント