FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「北のカナリアたち」感想

北のカナリアたち(吉永小百合主演) [DVD]

いまや絶滅危惧種である映画女優、その最高峰で最後のひとり吉永小百合。何処までも瑞々しい清純さを失わずにいるのは奇蹟に近い。勿論ご本人の節制のたまものであるだろうけれど。彼女なしでは成立しない映画。

ミステリー版「二十四の瞳」といった所か。

20年前の北の離島の分校、赴任して来た女性教師川島はる、6人の教え子との交流。歌がもたらした子供達の笑顔、余命半年の夫、失意の男。悪い噂、バーベキューの際の事故、助かった生徒、水死した夫、その時いなかった先生。20年後、かつての生徒の一人の信人が殺人事件の容疑者となる。はる先生の下に刑事が訪れる。真相を求めて、はるは20年前に追われた故郷へと足を運ぶ。

行く先々で教え子と会う度に解かれていく過去の謎、逃亡した信人の手がかり。それぞれが苦しんだ20年の果てに、再会した6人の生徒とはる先生の歌う「うたをわすれたカナリア」。

女性優勢の映画の多い中、かつてサユリストだった(今もかも)紳士達の姿も多かった。

歌いながら北の短い春の野を歩く先生と生徒。
それだけで古き良き時代の映画を彷彿とさせる。


東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラック

子役と成長した生徒が良く似ているのに感心した。

小池栄子のようにまったく役柄に合っていない残念な配役もあったが、役者は概は合格。森山未來のなりきりぶりも評価したい。どの場面も丁寧に作られているが、バーベキューの場面、座っている柴田恭兵のシャツの皺までがあまりにも自然にその場にはまり込んでいるのが印象的だった。死にかけた男の力ない座り方。里見浩太朗の存在感も映画に深みを与えていた。

歌の選曲の微妙さが感動の障害になっていた。あざとさが先に来て物語から覚めてしまう。恣意的であればあるほど、こちら側の頭が冷えてしまうのだ。

手堅い作り。ストーリーはありきたりで退屈。だが北海道の風景はそれだけで何よりも雄弁で、どんな人生もドラマチックに見せてしまう効果がある。解かりやすいお涙頂戴。対象年齢はおそらく母と同年代かその前後、この手のストーリーの方が安心して楽しめる。否定はしない、私には不向きなだけで。それよりもこのような密度のある映画を作る力が、日本映画にまだ残っている事を賞賛したい。

往復書簡 (幻冬舎文庫)

STAFF
監督:阪本順治
撮影:木村大作
原案:湊かなえ「二十年後の宿題」より(『往復書簡』所収・幻冬舎刊)
脚本:那須真知子
音楽:川井郁子
企画:黒澤満

CAST
川島はる:吉永小百合
鈴木信人:森山未來 (小学生時代:小笠原弘晃)
戸田(旧姓・酒井)真奈美:満島ひかり (小学生時代:渡辺真帆)
生島直樹:勝地涼 (小学生時代:相良飛鷹)
安藤結花:宮﨑あおい (小学生時代:飯田汐音)
藤本七重:小池栄子 (小学生時代:佐藤純美音)
松田勇:松田龍平(小学生時代:菊池銀河)
川島行夫:柴田恭兵
阿部英輔:仲村トオル
堀田久:里見浩太朗


Kailua Weekend

本日のハワイアン・マクロビ・デリプレート

映画の後、ハワイアン・カフェ・ダイニング「Kailua Weekend(カイルア・ウィークエンド)」でランチ。厳寒の地の映画を見ていたので、無意識に暖かい場所が恋しくなったのかも知れません(ノ∀`) 大豆ミートと3種のデリのランチプレート。

Kailua WeekendKailua Weekend

ブログランキング・にほんブログ村へドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

2 Comments

-  

この女性が70歳近いなんて信じられません。

2012/12/03 (Mon) 15:27 | REPLY |   

もるがん  

女優魂

本物の女優さんは凄いと思います!

2012/12/04 (Tue) 01:58 | REPLY |   

Post a comment

12 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「北のカナリアたち」
  • それでも、人は生きていかなければならない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211030006/ 東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウ
  • 2012.11.15 (Thu) 05:50 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  今日もどこかでデビルマン
  • 「北のカナリアたち」を観た。 東映創立六十周年記念作品ということで、本作は主演の吉永小百合をはじめとする日本映画界の綺羅星が出演する。永遠の映画スターである吉永小百合が
  • 2012.11.15 (Thu) 07:09 | MESCALINE DRIVE
この記事へのトラックバック
  •  映画『北のカナリアたち』観てきたよ~(´。`)
  • 原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。 本を読んだ時、なんだかなぁ~と思っていて、 映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、 は
  • 2012.11.15 (Thu) 07:43 | よくばりアンテナ
この記事へのトラックバック
  •  北のカナリアたち
  • 東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、20年前まで北海道の離島で小学校教師をしていた。 定年退職したはるの元に、最後の教え子の一人・信人が殺人事件を起こしたという知ら
  • 2012.11.15 (Thu) 08:07 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  北のカナリアたち
  • 東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、20年前まで北海道の離島で小学校教師をしていた。 定年退職したはるの元に、最後の教え子の一人・信人が殺人事件を起こしたという知ら
  • 2012.11.15 (Thu) 08:07 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  北のカナリアたち
  • 東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映 ...
  • 2012.11.15 (Thu) 09:44 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
  •  北のカナリアたち〜何人殺せば気が済むのか
  • 大女優政権交代すべし 公式サイト。湊かなえ原作、阪本順治監督、吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太 ...
  • 2012.11.15 (Thu) 10:40 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画「北のカナリアたち」感想
  • 映画「北のカナリアたち」観に行ってきました。湊かなえの短編集「往復書簡」に収録されている短編小説のひとつ「二十年後の宿題」を原作とする、吉永小百合主演のヒューマン・サス...
  • 2012.11.16 (Fri) 21:30 | タナウツネット雑記ブログ
この記事へのトラックバック
  •  [映画『北のカナリアたち』を観た(寸評)]
  • ☆時間がないので、寸評ですまん。  ・・・予告編を見て、田舎の純朴な6人の子供たちが歌う姿が印象的で、吉永小百合演じる主人公が、北海道の大自然の中でなにやら悩む姿が、テ
  • 2012.11.17 (Sat) 15:46 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭