孤独のグルメ Season2 第7回 千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し

「孤独のグルメ」O.S.T.

「それにしてもお眠むさんだ」

今回は旅行番組に?w

公式HPよりあらすじ
仕事でちょっとしたミスをしてしまい、千葉の九十九里浜近くに一泊することになってしまった井之頭五郎(松重豊)。 自分の初歩的なミスにがっかりしていたが、銚子鉄道に乗ったり、灯台をみたり、刑部岬の「ライトハウス」という喫茶店でなぜかレアチーズケーキを食べ、展望デッキで夕日を見ているうちに気分も和らいだ。 「…失敗したから。この景色に出会えた…」翌日、飯岡漁港を歩いていると、無性にお腹がすいてきた。 海岸通りを、海の幸を探して歩き回る五郎。「やきはま」の旗のある、つちや食堂に入る。 刺身定食(マグロとさんまのなめろう)と赤貝、そして焼き蛤を頼むが、 「やってないんですよ~。酒蒸しなんですよねえ」 一瞬ひるむが酒蒸しを頼む五郎だった。 そして…すべてが新鮮、おいしかった。自分の失敗を忘れ、ひと時のリゾート気分を味わう五郎だった。

ゲスト/ガッツ石松(ベテラン漁師役) 斎藤清六(車掌役)


鉄道むすめ 外川つくし 銚子電鉄/駅務係 限定たいやきVer.

寝込んだゴローさん、終点の銚子駅まで行ってしまいました。お客様に届ける荷物を間違えてしまったゴローさん。明日午後一番で届ける事に。このまま帰ってまた来るのも大変、そのまま泊まる事に。

「港町でレアチーズケーキ、下戸の俺にはこんなのが旅のほろ酔い気分だ」

宿探しの途中で立ち寄った店。自家製チーズケーキを頼みます。
「自家ケー」ってそんな省略聞いた事ありませんがゴローさん(^^;

灯台からの眺め、壮大で良いですね~(o ̄∇ ̄)o

陽気な宿屋のオバサンのおしゃべりに付き合えない位、眠いゴローさん。爽やかな朝を迎えてお出かけです。背広姿のゴローさんと漁港のミスマッチがイイネ!

天然本マグロの中トロ(お徳品)200x5(刺身7人前・200g前後x5)

「今、俺の胃袋には大漁旗がはためいているぞ」

海の幸を堪能するゴローさん、美味しそう(゜∇゜)!!!
サンマのなめろう、味より甘いそうですよ!!

車掌さんが清六さんだったり、漁師がガッツ石松さんだったり。
今回は特に個性的なゲストの皆さんでしたねw


ゴローさん、今回もお店の天井が低くて大変そうでした(^^;

ブログランキング・にほんブログ村へドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment (0)

非公開コメント