孤独のグルメ Season2 第12回 東京三鷹のお母さんのコロッケとぶり大根

孤独のグルメ Blu-ray BOX

「しめそばだ」

深大寺からはじまって、流浪の末にたどりついた立ち食い蕎麦
そこにいたのは原作者・・最終回ならではですね(゜∇゜)

公式HPよりあらすじ
その日、三鷹駅に降りた井之頭五郎(松重豊)は深大寺行きバスを見かけ、すでに気分は少し早い年越し蕎麦モード。ちゃちゃっと仕事を済ませて深大寺に向かうことを心に決めるのだが、仕事の前にいつものごとく甘味どころに引っかかり、天竜茶とともにたい焼きを食べる。今日の顧客BARルイーズに到着すると、カウンターに商品のグラスを並べる五郎。グラスの説明を始めるとすぐにマスターの携帯が鳴る。ビールの出前だという はじめは笑顔で了解するも出前は何度も繰り返され…。五郎は待っているうちに腹がすいてしまった。仕事が終わると急いで店を探す。もう深大寺まで行っている場合ではなかった。結局入ったのは、大皿料理が並ぶお食事処「樹」だった。カウンターには大皿に盛られた家庭料理がずらりと並ぶ。蕎麦のことを忘れて堪能したはずの五郎だったが…。

ゲスト/眞島秀和(マスター役)川村ゆきえ(たかね・店員役)茅島成美(樹・お母さん役)
千葉雅子(樹・娘役)久住昌之(久住さん役)ほか /The Screen Tones(ふらっとQUSUMI)


このシーズン、まずは軽く甘味でおやつ、それからガッツリというパターンでしたね☆

今回の「たかね」のたい焼き、早く行かないと売り切れ必須と地元の方に教えてもらったお店です。たい焼き以外も美味しいそうなので、機会があったら挑戦したいです(゜∇゜)

「孤独のグルメ」O.S.T.

ゴローさん、飾らない店が好きですよね!

超高級食材を使った高いお値段の店は美味くて当たり前、それで不味かったら腹が立つ。そこそこの値段で不味いなら不味いで諦めもつくし、美味しかったら儲け物と得した気分になりますよね!

ゴローさんが凄いなと思うのは、どんな店でも動じないトコロ。女性だらけの店内でも臆する事無く、ひたすら自分の喜びに没頭する、これぞ孤独のグルメの真骨頂ですよ。またいつかゴローさんに会えそうな、そんな余韻を残したまま暖簾を押して外へ出るような最終回でした☆

松重豊さんのゴローさん大好き(^o^)

あの不思議な印象の残る音楽の謎もちらっとだけ解明(?)の最終回でもありました。リコーダーもプロが演奏するとあんなに素敵な楽器になるのですね。

スタッフ&キャストの皆様、お疲れさまでした!!


ブログランキング・にほんブログ村へドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment (0)

非公開コメント