相棒 season11 第11話 元日スペシャル「アリス」

相棒season11 オリジナルサウンドトラック(初回生産限定)  (AL2枚組)

ショパンの遺作のノクターンで始まる物語

57年前の事件、不思議の国から戻らなかったアリス
令嬢の失踪、その夜に起きたホテルの火災

公式HPよりあらすじ
今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに2人の少女が元気に姿を現した。宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナー、二百郷(におごう)洋蔵(伊藤聡)の娘・朋子(上間美緒)だ。ふたりは森の中へと散策に出かけていく。しかし、瑠璃子は忽然と姿を消し、朋子は一人森の中に取り残されてしまう。瑠璃子は一体どこへ消えてしまったのか?平成24年(2012年)12月24日。ロンドンのある邸宅。75歳になった朋子(酒井和歌子)が息を引き取った。その朋子の臨終に立ち合った弁護士の石川(遠藤たつお)から右京(水谷豊)へ連絡が入った。実は朋子と右京は旧知の仲だった。いまわの際に「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」という謎の言葉を残して…。

ゲスト:波瑠 滝藤賢一 藤田弓子 中原丈雄 酒井和歌子
脚本:太田愛 監督:和泉聖治


1861 の陸橋の墓室の教会 Hatton の庭ロンドン

過去の再現に不自然さというか、無理があると感じてしまう。無理矢理の”良家”の設定に、あまりにも工夫のなさ過ぎる洋館や執事やらメイド服はないだろう等、ロンドンの風景の適当さ、最近の相棒のゆるさを感じさせてしまうのが辛い。スタッフの勉強不足が目立つ。その当時の映画をもっと参考にした方が良かったのでは。あの頃の日本の映画は「良いものを作ろう!」という熱気があって素晴らしい。

カイト君の知り合いの大石婦警さん
後でちゃんと活躍してますw


特命係に米沢さん宛に届いた小包み
永沢元子爵の備忘録の話をする米沢さん・・それが事件の鍵

亡くなった朋子さん、右京さんとの謎のプライベートな関係。どうやらロンドンで親しくしていた様子。カイト君が突っ込んでもなかなか口を割らない右京さん、でも後にあっさりしゃべってしまいます。今までの右京さんならそんな簡単に話さないと思うのに、彼も変わりましたね。うーん・・このあたりの会話も不自然。カイト君に普通の会話は無理。どうしても演技力の不足が露呈する。まだ恋人とじゃれあっているような方が無難。それは作り手も薄々感じているのか、それぞれが単独で動く流れに。

「ヒナギクじゃなかった、茜を助けて」

朋子さんの残した言葉、右京さんの向かった先は旧家。朋子大叔母様の死を知らされた二百郷茜さん。使用人に勧められて屋敷に泊まる事になった特命係の二人。突然の神隠しを調べるライター。2時間ドラマに良くある設定ですね。それでいいのかなぁ、相棒ですよ。まあ、その後、カイトパパが登場して、ようやっと相棒らしくなるのだけれど。

「泥棒の家」と地元の老人達が噂する二百郷家、盗まれた永沢元子爵の備忘録、狙われたミツバチの巣箱。出店(でみせ)・・公安部が外部に抱えている実働部隊。あの目付きの悪い男達はどうやらカイトパパの配下の出店らしい。

新警察法成立に絡む事情。吉田内閣の強行採決。
裏にうごめく不正工作、関係者の法務省の国枝氏、消えた国枝文書。

警察庁からの圧力がイタミン達にものしかかる。
刑事部長は出店には触らぬ神にたたりなしの態度。

相棒 台本ノート

警察の権威の危機、確かに”かつての相棒”的なネタですが。うーむ、うーむ・・・

賑やかしの婦警さん
使い道のなかったカイト彼女も投入
大木さんと小松さんも出番がwww

カイトパパ、右京さんの進退を匂わせてカイト君に国枝文書の始末の指示するけれど、カイト君は芹沢に電話、そこから刑事部長が警視庁の威厳を示す機会とばかりに、警察庁に一矢報いに行きます。独自の情報網・・まあ、カイトパパはきっと感づいていると思いますが。

秘密の隠し場所の手がかり、テニスンの不思議の国のアリスの挿絵
三月ウサギ・・三月ウサギ・・右京さんの発音が気になる。


あからさまに怪しいライターに気がいかない右京さんとは思えないのですが、大木さんと小松さんを配していながらどうしてこうなった!という展開。右京さんらしくないです、このあたりも。茜さんを人質にされて右京さんのする謎解きも、何だかな。カラクリ好きという伏線ももっと仕込をしておいて欲しかったな。

イタミン達も活躍!!!

秘密の隠し場所、カビだらけの国枝文書
ホテルの火事の謎と瑠璃子さんの失踪の真相

右京さんの説明場面は、ポワロの習い

後半は盛り上げましたけれど、別に2時間にする意味は薄かった内容でした。年末にかつての名作を連続放映したおかげで、最近の相棒の物足りなさを更に浮き彫りにしてしまった。目先の視聴率が大切な”今”を駆逐する・・残念ですねえ。

時代が変われば善悪も変わる。前時代の何もかもが悪なのか、新しいものは何でも善なのか。旧華族しかり。その末の末の私の視線から見れば、理不尽にみんなが耐えていたという右京さんの言葉こそが相応しい。戦後に押し付けられたアメリカの正義、民主主義。植民地にならずに置かれたことの意味。何もかも、大局の都合で片付けて良いものか、今となってはどうしようもない事ばかりなのか、今からでも修正出来る事はあるのか。一般論で言えば、悪と決め付けるステレオタイプでないと、ドラマには仕立てにくいだろうし、このTV局で放映するには、既存の権力=悪にする必要がある。啓蒙も含めて(苦笑)

久造さんの自殺も蛇足。

Alice's Adventures in Wonderland & Through the Looking-Glass (Bantam Classics)

アリスと題していながら挿絵1枚だけ。
もっとアリスの物語を絡めて欲しかった(^^;


特番なのでゲストを投入しないとならないのは解るけれど、適材適所とは言いがたい。というか、酒井和歌子さん、この大女優をもっと生かして欲しかったですね。ミス・グリーン草笛光子さんや岸恵子さんの時のように。

国枝さんの役が水谷さんなどと特番らしい遊びはありましたけど。これまで明らかにされていない右京さんの出自が国枝氏絡みであったら楽しいですがwゴルゴ13と同じで、幾つもの説が出ては消えて、話を彩っていく・・というのも面白そうですね(゜∇゜)

サントリー コーヒーボス レインボーマウンテンブレンド 190g×30本

宇宙人ジョーンズのCMが一番面白かったかも(ノ∀`)矢追さんと大槻教授の茶番の再現、嶋田久作さんの怪しさ満点の科学者。谷口節さんの訃報は残念。ご冥福をお祈り致します。

シルフィのCMの刑事部長も楽しかったけど(´∀`)


ブログランキング・にほんブログ村へドラマQ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

相棒 season11 第11話 元日スペシャル「アリス」

昭和30年、少女二人が森の中で散策中にひとりが忽然と行方不明に。もうひとりの方が平成24年に息を引き取る。その間際に遺した言葉が「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を

2013.01.02 (Wed) 09:06 | 瑞原唯子のひとりごと

「相棒season11」第11話 元日SP

第11話 元日SP「アリス」       

2013.01.02 (Wed) 10:17 | またり、すばるくん。

【相棒 Season 11】 元日スペシャル:「アリス」

旧華族の哀しみ

2013.01.02 (Wed) 10:17 | 仙丈亭日乘

相棒感想 相棒Season11 第11話元日スペシャル「アリス」

    公安設立の闇

2013.01.02 (Wed) 19:22 | 往く先は風に訊け