fc2ブログ

クリミナル・マインド FBI行動分析課 season6 vol.1-2

☆もるがん☆

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン6 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

JJが去り、穴を埋めようとガルシアが張り切る。かつて全米を震え上がらせたシリアルキラーも今や認知症。

第1巻

第1話(115) 明けない夜 The Longest Night Part 2

エリーを連れて逃走する犯人。エリーはけなげにも動じない。髪を切られ男の子の服を着せられたエリー。彼女を連れて行き先々で殺人を繰り返す犯人。エリーは住人にこっそり通報させるなど反抗する。だが犯人はエリーを殺さない。40年前、娼婦ノーラ・フリンが殺された事件から犯人ビリー・フリンの子供時代が解る。悲惨な少年時代だった。ホッチは現場を動けず、ラジオを通して犯人との交渉役をまかされたJJ。不安ながらも頑張る。JJは母の心で語りかける。エリーを解放したフリンは、民家に立てこもり、モーガンを呼ぶ。天国で母との再会を願うフリン、射殺するモーガン。肩や足でも撃って逮捕という選択肢はアメリカにはないらしい。

第2話(116) JJ JJ

ホッチの部屋でストラウスはJJに国防総省からのスカウトの話をする。モーガン達は心配する。プロファイラーなのにみんな隠すのが下手だとロッシはいう。被害者のケイト、容疑者の二人は札付きのワル、ふてぶてしい。大人しいバレット、支配的なピアソン。地元警察はBAUに懐疑的。嘘発見器を要求する二人、二人ともパスする。携帯の写真を見せ、合意の上でケイトと寝たと言い張る。ケイトはお酒を買うため、偽のIDを持っていた。ケイトには両親の知らない顔があった。あの手この手で二人から聞き出そうとするチーム。ストラウスからJJの異動は上の決定だと電話があった。すぐにJJを戻せというが、ホッチは拒否する。海に捨てられたケイトはブイに捕まって無事だった。両親の交流を通してJJにスポットを当てた回。JJを見るホッチの目は複雑。上の人間は下の人間の力を奪って権力を確認する。自分達は本来何をすべきか忘れてしまった、哀れなポスト争いの亡者ども。別れに納得出来ない仲間達。それでも去るしかないJJ。


第2巻

第3話(117) 殺しの記憶 Remembrance Of Things Past

執筆に行き詰ったロッシに召集。バージニア州ブリストルで起きた事件。被害者はブロンドの女性達、拷問に感電死。ロッシが30年前に担当した”ブッチャー”に似た手口。ロッシが本に書かなかった事件。年老いた本人か、模倣犯か。老人と世話をする青年、支配的な老人と彼にスライドを見せる青年。捜査の中で複数犯の犯行と判明。ロッシはブッチャーの犯行と直感するが、ホッチは模倣犯と発表するが、ロッシにはブッチャーの線で追う事を許可する。ロッシはブッチャーと息子の犯行だという。殺人の伝承、息子は心から喜んでいるわけではない。ブッチャーは認知症、本人は認めない。父親が母親を殺した記憶を封印して、父のいうなりになる事で息子は生きて来た。親子は逮捕される。「子供を守るのが親なのに」とモーガンはいう。暗黒王子に連れ去られた生き延びたエリーはモーガンにメールして来る。専門家にまかせるべきだとプレンティスは冷たくいうが、モーガンは少女を見捨てる気にはなれない。老いて衰えても、殺人の衝動は止まらない。老残のシリアルキラー。一瞬の正気、ブッチャーはロッシに「あんたがいたから殺しをやめた」という。ロッシの本が完成する。

第4話(118) 快楽の代償 Compromising Positions

エリーの里親が決まった。オハイオ州アクロンの事件。被害者は夫婦、階級も人種もバラバラ。ガルシアはJJの代理を申し出る。JJを失った皆の痛手を見ていられずに。ホッチは渋るがガルシアの熱意に押されて出張に同行を許す。ガルシア、地味に変身!どの被害者夫妻も成績優秀、ワーカーホリックの傾向があった。夫はボス猿タイプ、犯人もボス猿タイプ。犯人は不能、バイアグラが効かない。だから夫に飲ませてさせた。反撃にあった犯人、銃で夫を殺し、妻も殺した。夫は総合格闘技の経験者、犯人はジムで標的を物色していた。スワッピングクラブで3Pを楽しんでいた男、男性として役に立たなくなった男の満たされない欲求は歪んでいく。常連だったクラブで大量虐殺、男だけを。2つの仕事で目一杯のガルシア、モーガンはいつものガルシアこそが必要だと励ます。解決後、ホッチはギデオンを失った時の話をする。ホッチはガルシアに良くやったとねぎらい、クアンティコでの窓口になるようにいう。かつてピンクの履歴書を出した彼女に、そのユニークさを失わずいて欲しいと。ガルシアの長所を認め、彼女の意欲も買って仕事をまかせる。本当に良い上司、ホッチ。


Criminal Minds

アーロン・ホッチナー トーマス・ギブソン 森田順平
デヴィッド・ロッシ ジョー・マンテーニャ 小川真司
デレク・モーガン シェマー・ムーア 咲野俊介
Dr.スペンサー・リード マシュー・グレイ・ギュブラー 森久保祥太郎
ジェニファー・ジャロウ(JJ) A・J・クック 園崎未恵
ペネロープ・ガルシア カーステン・ヴァングスネス 斉藤貴美子
エミリー・プレンティス パジェット・ブリュースター 深見梨加
ウィリアム・ラモンテーン・ジュニア ジョシュ・スチュワート 加瀬康之
ジョーダン・トッド ミータ・ゴールディング 林真里花
エリン・ストラウス ジェイン・アトキンソン 野沢由香里
エル・グリーナウェイ ローラ・グラウディーニ 山像かおり
ジェイソン・ギデオン マンディ・パティンキン 有本欽隆


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい
Posted by☆もるがん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply