FC2ブログ

映画「パシフィック・リム(IMAX3D 吹替)」感想

☆もるがん☆

パシフィック・リム (角川文庫)

こんな映画が見たかった!!!!

良くある煽り文句ですが、心の底からそう思いましたよ( ゚д゚) っ!私の中のロボット魂と怪獣魂がシンクロというかドリフトというか、もうエライ状態になってました!!

IMAXの吹き替えがお勧めです☆

怪獣は海からやって来るのですよ。怪獣を最初に発見するのが、民間の小さな船なんですね。ここで「出来るな!」と思った人は、この映画が楽しめる人だと思います。嵐なのにもトキメいたら、更にもっと楽しめる人だと思います。

全体のトーンはエヴァとゴジラを混ぜた感じです。怪獣を防ぐ壁に関しては、今話題のアレを連想する方も多いでしょう。「トップをねらえ!」を作った頃のガイナックスのテイスト。様々な作品へのオマージュがありながらも、独自の世界を作り上げている。監督は実に良くかつての特撮やアニメを見ている人なのだなと。そして根っからのヲタだなとwでもただのヲタと違うのは、それを自分の手元に手繰り寄せ、良く吟味して消化して、昇華出来る人だという事です。

パシフィック リム ジプシー デンジャー

半壊しても任務をやり遂げようと、なおも重い足取りで歩むロボット

これだけで、嗚呼、この監督はロボットが心底大好きなんだろうなと感じるのですよ。高速ですっ飛んで来て、ぶつかってまた離れるみたいな戦闘ではなく、一撃に重さがある(←ここ重要)。ロボットがドンドンと走って来るのもワクワクする。そうそう、昔「ヤマトタケル」という映画がありまして、それに登場するロボット兵器が走るのを見た途端「うわ(^^;」としらけたのを思い出しましたよ。走って来て取っ組み合いする方式は、その当時から随分悪評でしたが、あれとこれとは一緒にしてはいけません。だって、走り方が違う、見せ方が違うのです。垢抜けてるというか、シンプルに言えばカッコいいんです。だからワクワクするんです。

敵の攻撃でデジタル系が全滅、最強のイェーガーが沈黙。そこで旧式のジプシー・デンジャーのみがアナログなので可動可能、という松本零士先生のような展開になったり。そして旧式ゆえの原子炉が鍵に・・という。もうね、うんうんとうなずきながら観てましたw

設定がぁ、人間ドラマがぁ、ストーリーがぁなどと言い出したら、今時のラノベもアニメも全滅でしょう。楽しむべきポイントはそこではないのですから。ケーキ屋に入ってラーメンがないと騒ぐようなものです。

無骨なロボットのフォルムに酔いしれながら、第一世代のイェーガー乗りだった司令官が宇宙放射線病に侵されてる(あ、宇宙じゃないけどw)とか、この司令官とマコのゲンドウさんとレイを感じさせる関係(だから林原さんなのかな)とか、兄を失った失意の弟が主人公(これは最近でも「バトルシップ」がこの路線でしたが)とか、操縦系がアレみたいだなとか、親子パイロットのエピソードとか、愛犬とか、ロシアのロボットは綺麗なお姉さんの方がリーダーなのねとか、色々盛り沢山なので観る方は忙しいけど、その忙しさが楽しいんです(´∀`)

パシフィック・リム [DVD]

古谷徹さんと三ツ矢雄二さんの博士コンビが素晴らしい(´∀`)

ジブリあたりが元凶でもある、客寄せパンダの棒読みで良作を駄作にしてしまう宣伝方法と、真逆の吹き替えのキャスティングもポイントが高いです。予告では大塚明夫さんだったペントコスト司令官の最後の演説も、原語よりも玄田哲章さんの演説の方が迫力があったような。池田秀一さんのハンセン父も良い味だしてました。カウンターを止める指示もあの声だからの盛り上がり。女性に対してだとちょっと甘い響きが混じるのもイイネ!(ノ∀`)浪川大輔さんのハンセン息子はどこかアナキン・スカイウォーカーを思わせる良い屈折ぶり。千葉繁さんや土田大さんのなんて心地良い安定感。

マコが林原めぐみさんの吹き替えで良かったです。彼女のセリフの今ひとつさは「スカイクロラ」で思い知りましたから(^^; 赤い靴はいてた女の子の芦田愛菜ちゃんは本人でしたが、こちらはセリフらしいセリフはほとんどなし。日系の子役なら誰でも良かったような役で、本来の可愛さが出せない分、可愛そうだったかな。

「ロケットパァぁぁぁ~ンチッ!」はともかくw

いやあ、杉田くん見直しました!!
これからは杉田さんと呼ばせて下さい!!

本当のクールジャパンがここにある。というか、今は失われた、かつて誇るべきだったものが。今の日本では、作ってもせいぜい実写版ヤマトですからね。真面目にこういう映画を作ろうと思わないでしょう?上から目線で「手抜きしてもAKBやジャニやお笑い入れときゃ馬鹿が来る」みたいな感覚でしか作らないから。実際それで儲かるし。隣では、予告をみただけでウンザリしたジャニタレ映画が盛況でしたからね。それも商売として正しくはあるのですよ。でも物足りないと思う人もいるわけで。

嗚呼、こういう映画をもっとプリーズ!!
ワーさんとナーさん、お願いします( *~∇~)ノ


Pacific Rim

ピンチから一気に優勢になると、メインテーマが流れる。お約束を守るのもうれしい音楽。伊福部昭先生の香りがどこかに感じられるのもリスペクトありきなのでしょう。久しぶりにサントラが欲しくなってポチリました(ノ∀`)

パンフレットが売り切れで残念。週末に再入荷するそうですので、リピートしに行った時に買えるといいな☆

【映画パンフレット】 『パシフィック・リム』 出演:チャーリー・ハナム.イドリス・エルバ.菊地凛子

Pacific Rim

監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 トラヴィス・ビーチャム  ギレルモ・デル・トロ
原案 トラヴィス・ビーチャム
製作 ジョン・ジャッシニ メアリー・ペアレント  トーマス・タル
製作総指揮 カラム・グリーン
音楽 ラミン・ジャヴァディ
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ピーター・アムンドソン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ

ローリー・ベケット チャーリー・ハナム 杉田智和
森マコ 菊地凛子 林原めぐみ
スタッカー・ペントコスト イドリス・エルバ 玄田哲章
ニュートン・ガイズラー チャーリー・デイ 古谷徹
ハーマン・ゴットリープ バーン・ゴーマン 三ツ矢雄二
ハーク・ハンセン マックス・マルティーニ 池田秀一
チャック・ハンセン ロバート・カジンスキー 浪川大輔
テンドー・チョイ クリフトン・コリンズ・Jr 千葉繁
ハンニバル・チャウ ロン・パールマン ケンドーコバヤシ
ヤンシー・ベケット ディエゴ・クラテンホフ 土田大
幼少期のマコ 芦田愛菜
タン兄弟( チャールズ・ルー ランス・ルー マーク・ルー)三宅貴大
アレクシス・カイダノフスキー ロバート・マイエ 木村雅史
サーシャ・カイダノフスキー ヘザー・ドークセン 愛河里花子


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい
Posted by☆もるがん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 22

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「パシフィック・リム」
  • イェーガー vs 怪獣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308090003/ 【送料無料】パシフィック・リム ビジュアルガイドラ・ドゥース 限定3000部 [ デイヴ...
  • 2013.08.14 (Wed) 14:54 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム〜リメンバー・フクシマ
  • 公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ...
  • 2013.08.14 (Wed) 15:47 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム 3D
  • ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝東映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・...
  • 2013.08.14 (Wed) 16:03 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム IMAX-3D/チャーリー・ハナム
  • 初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...
  • 2013.08.14 (Wed) 16:20 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『パシフィック・リム』 2013年7月28日 ユナイテッドシネマ豊洲
  • 『パシフィック・リム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 菊池凛子、芦田愛奈、ギレルモ・デル・トロ監督が登壇しました。 3Dで見るにはかなり辛いわ 【ストーリー】  2013
  • 2013.08.14 (Wed) 19:18 | 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム
  • 監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いていま
  • 2013.08.14 (Wed) 19:56 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  •  『パシフィック・リム』
  • (原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤ
  • 2013.08.14 (Wed) 20:55 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム3D ★★★★
  • 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け
  • 2013.08.14 (Wed) 20:57 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム
  • 中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
  • 2013.08.14 (Wed) 23:23 | だらだら無気力ブログ!
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム
  • 2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィ...
  • 2013.08.14 (Wed) 23:58 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リムを観たゾ
  • 人形巨大兵器「JAEGER(イエーガー)」  VS 怪獣「KAIJU(カイジュー)」のド突き合い 公
  • 2013.08.15 (Thu) 04:15 | ヤジャの奇妙な独り言
この記事へのトラックバック
  •  ★パシフィック・リム(2013)★
  • PACIFIC RIM 人類最後の望みは、この巨兵。 映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/09 ジャンル アクション/SF/ロボット 映倫 G 【解説】
  • 2013.08.15 (Thu) 16:46 | Cinema Collection 2
この記事へのトラックバック
  •  パシフィック・リム (3D吹替版)
  • 【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(
  • 2013.08.15 (Thu) 22:43 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  『ワールド・ウォーZ』
  • 主人公はワールド・疫病神・Z級じゃなイカ! ブラッド・ピットが自ら製作し、マーク・フォスターを監督に迎えておきながら、この脚本の酷さには幻滅です。主人公の正体が判明す ...
  • 2013.08.15 (Thu) 23:07 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  『パシフィック・リム』
  • 熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...
  • 2013.08.15 (Thu) 23:07 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  [映画『パシフィック・リム』を観た]
  • ☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素
  • 2013.08.16 (Fri) 15:23 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  [映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想
  •  「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現...
  • 2013.08.21 (Wed) 19:19 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜