fc2ブログ

ブラックリスト 第5話 運び屋 The Courier(NO. 85)感想

☆もるがん☆

ジェームズ・スペイダー

リズの家の中に監視カメラと盗聴器が。リンゴをかじりながら見張る男の目的は?

公式HPよりあらすじ
レッドはある「情報源」を強奪しろとグレイに命じるが、その受け渡しに「運び屋」が雇われたと聞いて、リズたちに情報を流す。レッドのリークによりリズたちが逮捕した「運び屋」は、腕が折れていても顔色ひとつ変えず、レスラーの拷問にも余裕の表情だった。


リズの夫がとうとう本性を?

養子の件が上手くいかない。リズの仕事のせい。しかし他の仕事であっても仕事であるなら抜けられない事はあるもの。それをネチネチと電話をかけて来るのは、何か他に目的がありそうだとは思っていましたが。彼女の罪悪感をかきたてる為か、彼女の気持ちを試しているのか。

不気味な表情で、あの箱を床下から出して、リズの前に広げる夫。

続きは次回なのですが・・・

レトロ アンティーク 調 本型 収納箱 宝箱 入り子型

今回のレッドの隠れ家は、死んだ小説家の家。

本に埋もれてソファからの外の眺めを堪能するというスノッブさを披露。これも血生臭い本業から、本人もつかの間解放されるためなのかも知れませんが。そんな彼に夫との不仲を告白してしまうリズ。レッドは真実を自分に打ち明けたリズに礼を言います。自分には誰もが嘘しか言わないから。

レッドの部下との会話。配下の者達はどこまでレッドへの忠誠があるのか不明。レッドがFBIに情報を流しているのが知れたらレッドは破滅なのですが。何となくそのあたりが不安に思える時がしばしば。レッドは頭がいいという設定ですから、予防策は万全なのでしょうか。

一方、賢いという設定のリズがあまり頭が良くなさそうなのが何とも。典型的な単純FBI捜査官として、色々と酷い目に合わされるレスラー捜査官の方が、実は賢いという流れもありそうですよね。

リンドバンデージ 伸縮性包帯 (面ファスナー付)150mm×4.6m

今回の悪党は無痛症。身体の痛みを感じない、そして心の痛みも感じなくなった不気味な人物。

誘拐されたのは重要な機密を握る人物。監禁され、酸素がなくなるまで時間がない。タイムリミットがあるだけに緊迫はするのですが、それよりもリズの夫が気になってしまいました。

いつもながらリズが好きになれないのが辛いかな。彼女の信念がどこにあるのか、わかりにくいので、感情移入がしにくいのですよね。夫が悪人かどうか、決断がつかないままにずるずると引きずり過ぎるリズ。レッドの送って来た捜査情報に何が書かれていたのか。

THE BLACKLIST

レイモンド・“レッド”・レディントン ジェームズ・スペイダー
Raymond "Red" Reddington James Spader 大塚芳忠
エリザベス・キーン メーガン・ブーン
Elizabeth Keen Megan Boone 甲斐田裕子
ドナルド・レスラー ディエゴ・クラテンホフ
Donald Ressler Diego Klattenhoff 宮内敦士
ハロルド・クーパー ハリー・レニックス
Harold Cooper Harry Lennix 山野井仁
トム・キーン ライアン・エッゴールド
Tom Keen Ryan Eggold 荻野晴朗


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい
Posted by☆もるがん☆

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply