クリミナル・マインド FBI行動分析課 season8 第15回 622 Broken 感想

Criminal Minds

救済の名を借りた虐待、共犯者は彼らの親。狂っているのはどちらか。

公式HPよりあらすじ
テキサス州オースティンで拉致殺害事件が相次いで発生。殺害方法が男性と女性で異なることや被害者像の分析から、BAUは犯人が罪悪感を持った同性愛者であると考える。また、被害者たちの腕時計が指した時刻から聖書の一節が導き出され、歪んだ教育を行なっている施設が浮かび上がる。やがて、犯人が同性愛者で施設の出身者の男性であることが判明。彼はゲイであることへの罪悪感を植えつけた父親を恨んでいて……。


[Neustadt] 本物 そっくり 美しい パープル 薄紫の 薔薇 20本 造花の バラ インテリア プロポーズなどに

ブレイク教授の授業から始まる。FBIの仕事と教授業のかけもちも大変だ。変異について語られる。変異・・罪悪感に蝕まれて柔らかな心が変質して脆くも壊れてしまった今回の犯人。

本来、同性愛をタブーとするのは子孫繁栄のためだと思うのですよね。子供が生まれなければ、集団が維持出来ないから。それに色々と宗教や風習などが捻じ曲げた理屈付けをしたのでしょう。自分達の都合の良いように。

それはともかく・・それを利用して虐待を楽しむのも、金儲けの道具にするのも、親としても人間としても、同性愛者を下種扱いする権利も資格もないほどに人間として下の下。その中にあって、守られるべき手を持たない子供が壊れてしまうのは、あまりにも酷い。

このドラマでも、シリアルキラーとなる人間はほとんど家庭環境に恵まれない。

氏より育ちと日本では言いますが、どんな環境で育つかは、子供にとってとても大事な事。もし苦悩する少年の言葉を受け止めるだけの人間がそこにいたら。こんな悲劇は起きなかったかも知れない。母親であるJJは、特に子供の虐待に関しては反応が激しいですよね。だからインチキ施設から子供達を解放するのに熱心だった。

犯人は怖さよりも哀しさが先に立つ人物でした。

ポスタ- A4 パターンC キャプテン・アメリカ ザ・ウィンター・ソルジャー 光沢プリント

「AVENGERS ASSEMBLE」

ガルシアもアベンジャーズが好きなのでしょうか。もうすぐ日本でもキャプテン・アメリカ2が公開になりますね。

ラスト、ブレイクの講義の様子を見る不気味な人物。このシーズンの根底に流れている不穏なモノの正体がそろそろ明るみに出て来そうな気配です。


Criminal Minds

アーロン・ホッチナー /トーマス・ギブソン 森田順平
デヴィッド・ロッシ /ジョー・マンテーニャ 小川真司
デレク・モーガン /シェマー・ムーア 咲野俊介
Dr.スペンサー・リード /マシュー・グレイ・ギュブラー 森久保祥太郎
ジェニファー・ジャロウ(JJ) /A・J・クック 園崎未恵
ペネロープ・ガルシア /カーステン・ヴァングスネス 斉藤貴美子
アレックス・ブレイク /ジーン・トリプルホーン 安藤麻吹
エリン・ストラウス /ジェイン・アトキンソン 野沢由香里
エミリー・プレンティス /パジェット・ブリュースター 深見梨加
ウィリアム・ラモンテーン・ジュニア /ジョシュ・スチュワート 加瀬康之
エリザベス“ベス”クレモンズ /ベラミー・ヤング
アシュレイ・シーヴァー /レイチェル・ニコルズ 竹田まどか
ジョーダン・トッド /ミータ・ゴールディング 林真里花
エル・グリーナウェイ /ローラ・グラウディーニ 山像かおり
ジェイソン・ギデオン /マンディ・パティンキン 有本欽隆


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

クリミナル・マインド8 FBI行動分析課 #15 「622」

「622 / Broken」 夜の盛り場。乱痴気パーティーで盛り上がる女子学生の一人が外でタバコの火を 貰おうとカウボーイ・スタイルの男に声をかける。誘われるがままに・・・。 そして車の中に押し倒されて・・・。 大学で講義を行うブレイク。なかなか厳しい授業をしている...

2014.08.27 (Wed) 02:55 | 紀州のプーさん のんびり日記