FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

オール・ユー・ニード・イズ・キル

桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」原作の映画として話題に。

ヘタレな主人公がヒロインと出会い、色々あって強くなって、落ちこぼれ仲間の協力を得て世界を救ってしまい、すべてはメデタシメデタシという内容に、戦争、軍隊、パワードスーツ、宇宙生物、タイムリープ等、ネタを盛り沢山に突っ込んで。

厨二な内容でも、本気の映画人が本気で映画を作ればここまでの作品になるという好例。

もし同じ原作を日本で実写化したら、間延びした顔のお笑いとアイドルの棒読みとチープなセットのお寒い映画にしかなりそうにない。映画に対する業界の姿勢が根本的に異なるので仕方ないとはいえ。

昔の漫画やアニメで見たような既視感を覚える場面も多いが・・今の日本に、これだけのものを作る土壌はもはやないという寂しさばかりが映画館に木霊する。かつての日本のアニメや特撮にインスパイアされた「パシフィック・リム」や「ゴジラ」のような作品は、日本ではもう・・・過去の栄光の残渣を、自分達の文化だの財産だのと他国に誇るより、遺産を資産に再生する道を探すべきではないだろうか。

\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

娯楽映画として、十分に面白かった!!!!

実戦経験のない名前だけの将校が、将軍の命令に逆らった事から最前線に送られて、そこで同じ日を繰り返す体験をする。繰り返した数だけ、彼の知識は増え、敵の攻撃を避け或いは反撃し、少しずつ出来る事が増えていく。そして敵の正体を知る・・最初はオドオドしているだけのトムが、段々と戦士の顔になっていくのがいい。凛々しいヒロインも魅力的。最終的には計画は成功するのだろうなと予測しながらも、ハラハラドキドキ、ピンチの連続なのもいい。

どうして血液を浴びただけで・・等、最初から無茶な設定はあるものの、それもまあ、お約束の内と思ってw

トムがバイクでやって来る場面は、何となく「トップガン」!?

All You Need Is Kill

Edge of Tomorrow

監督 ダグ・リーマン
脚本 ダンテ・W・ハーパー 他
原作 桜坂洋 『All You Need Is Kill』
製作総指揮 ジョビー・ハロルド
音楽 ラミン・ジャヴァディ
撮影 ディオン・ビーブ
編集 ジェームズ・ハーバート
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ スペース・トラベル K/Oペーパー・プロダクツ(英語版)
配給 ワーナー・ブラザーズ

ウィリアム・ケイジ少佐 トム・クルーズ 森川智之
リタ・ヴラタスキ軍曹 エミリー・ブラント 東條加那子
ファレウ曹長 ビル・パクストン 大塚芳忠
ブリガム将軍 ブレンダン・グリーソン 勝部演之
カーター博士 ノア・テイラー 隈本吉成
グリフ キック・ガリー 山内健嗣
スキナー ジョナス・アームストロング 西凜太朗
キンメル トニー・ウェイ 金光宣明
クンツ ドラゴミール・ムルジッチ
ナンス シャーロット・ライリー橘凜
フォード フランツ・ドラメー 田尻浩章


吹き替えは、トムはMI:シリーズで不動となった森川さん☆

漢字や日本語のアナウンスが流れるのは、あちらさんには異国情緒というかSFチックに感じるのでしょうかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

0 Comments

Post a comment

9 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋
  • 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょうね。 意外でビックリでした 【ストーリー】  近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対...
  • 2014.06.30 (Mon) 22:16 | 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
この記事へのトラックバック
  •  オール・ユー・ニード・イズ・キル
  • 広告屋が戦場で戦う意味 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、キ ...
  • 2014.06.30 (Mon) 23:07 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密
  •  娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"というネガティブな言葉を避けるため原題は『Edge of Tomorrow』に変えられたが、邦題は日本での知名度を活...
  • 2014.06.30 (Mon) 23:35 | 映画のブログ
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」
  • ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All You Need...
  • 2014.07.01 (Tue) 05:41 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
  • 映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ざっくりストーリー 謎の地球外生物「ギタイ」の侵略で滅亡寸前...
  • 2014.07.01 (Tue) 06:03 | ディレクターの目線blog@FC2
この記事へのトラックバック
  •  「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。
  • 先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況
  • 2014.07.01 (Tue) 13:14 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  •  オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5
  • 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
  • 2014.07.01 (Tue) 15:02 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  オール・ユー・ニード・イズ・キル
  • 評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
  • 2014.07.01 (Tue) 23:21 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
  •  『オール・ユー・二ード・イズ・キル』
  • (原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から...
  • 2014.07.17 (Thu) 12:50 | ラムの大通り