ST 赤と白の捜査ファイル 第6話 感想

ST

赤城さんの対人恐怖症の原因は医療ミス?

公式HPよりあらすじ
8月7日正午。女性が監禁されている映像が警視庁に送りつけられた。犯人の要求は「48時間以内に武藤嘉和の死の真相を明らかにせよ。さもなければこの女を断罪に処す」とのこと。しかし3時間経ってもなお、武藤嘉和及び人質女性の情報を得られずにいた。そこでSTの出番となり、天才・赤城左門(藤原竜也)の推理力が発揮される。赤城の推理をもとに捜査したところ、人質女性は政和大学病院の研修医・小山あずさ(岩田さゆり)だと判明。さらに武藤嘉和は政和大学病院の医療ミスによって命を落としたことも発覚。そこで百合根友久(岡田将生)と筒井桃子(柴本幸)は患者を装い政和大学病院に潜入することに。そして武藤嘉和の担当医・平戸憲弘(柏原収史)に接触することに成功するが早々に病室を追い出されてしまう。百合根が腹を立てながら病院内をうろついていると、物陰に隠れコソコソしている赤城を発見する。赤城は病院スタッフに聞き込みをしようとしているのだが、対人恐怖症が邪魔をして声を掛けられずにいた。そんな時に赤城の前に主任教授・大越隆太郎(長谷川初範)と平戸医師が現れる。そして大越教授は赤城が政和大学病院に勤めていた時に犯した罪を掘り返し、追い詰めようとする。果たして七年前、赤城の身に何が起きたのか!? さらに対人恐怖症に落ち入った原因が明らかに!? 赤城左門の隠された過去が明かされる第6話。そして赤城は過去から立ち直り、人質になっている小山あずさを救出することは出来るのか!?


赤城さんのいた病院絡みの事件。

人間の屑の方が偉くなりやすいのは何処でも同じようで。恥を知らないから卑怯な事が平気で出来る。

正義感の強い赤城さんは医療ミスを告発しようとして、主任教授の怒りを買って医療ミスの責任を赤城さんのせいにされてしまい、ゴマすり連中に村八分状態のイジメに会い、対人恐怖症になったらしい。

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX

長谷川初範が悪徳主任教授を好演

しかし看護師達は赤城さんの味方だった!!・・赤城さんが「看護師達も俺を嫌な目で見た」というのは勘違いで、当時の赤城さんは優良物件として注目されていただけだったというのが、赤城さんらしくて面白い。以前に聞き込みにいったクラブでもモテまくってましたものね。本人の意志とは無関係に(ノ∀`)

お決まりの病院側の隠蔽、遺族の苦しみかと思いきや・・

走り過ぎた正義感の引き起こした事件だったというオチ。言いたい事はわかるが方法を間違ったねというか。でもそうでもしなければ、赤城さんと同様に濡れ衣を着せられて追い出されるしかなかった事を思えば、暴走でもしなければ真実は闇に葬られてしまったであろう苦さはあるけれど。

病院内部の腐敗の深刻さは、赤城さんの過去に重点がいってしまったので、印象が薄くなってしまった感が否めないが。

自分の苦手なフィールドでも、何とか事件を解決しようと頑張る赤城さんの奮闘ぶりと百合根の会話の楽しさは楽しめるけれど。「リーガル・ハイ」同様に「僕が正しい」的な百合根が鼻をついて来たなと思ったら、結城が反乱。開放感を求める彼女にしてみれば「STのため」だの「仲間」だのと閉鎖的な考えを押し付けて来る百合根を息苦しく感じても仕方ないかも。

このあたり、上手いね。

ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)

STAFF
演出 佐藤東弥
原作 今野敏「ST 警視庁科学特捜班」シリーズ
脚本 渡辺雄

CAST
赤城 左門 藤原竜也
百合根 友久 岡田将生
青山 翔 志田未来
結城 翠 芦名星
黒崎 勇治 窪田正孝
山吹才蔵 三宅弘城
筒井桃子 柴本幸
池田厚作 林遣都
菊川 吾郎 田中哲司
松戸紫織 瀬戸朝香
三枝俊郎 渡部篤郎


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント