ゼロの真実~監察医・松本真央~ 第7話 感想

ゼロの真実

自殺なのか、他殺なのか、事故なのか・・不詳の死はあってはならない

公式HPよりあらすじ
真央(武井咲)が図書館で小杉(橋爪功)の事件を調べていると、不意に屋敷(佐々木蔵之介)が現れる。屋敷は、真央が度々、拘置所の小杉と面会していることを知っており、8年前に自首してきた小杉を最初に取り調べたのは自分だと告げる。当時、小杉が何らかの目的を持って3人の男を殺害したとの心証を持ったが、動機の解明には至らなかったという。いっぽう、真央は8年前に突然、音信不通だった母から連絡を受け、留学先から日本に戻って会う約束をしたものの、対面するはずだった日、母が“不詳の転落死”を遂げたと語る。そんな折、中央監察医務院に放火事件による男性の焼死体が運び込まれてくる。執刀医は児玉(青柳翔)だったが、助手の真央は彼を押しのける勢いで解剖を進める。やがて、死因は火災で発生した一酸化炭素による中毒死の可能性が濃厚になったが、真央だけは納得していない様子で解剖を続けた。すると、遺体の内臓から思わぬ事実が判明。死因が火災以外にあったことが分かり、自殺、他殺、事故死など様々な可能性が浮上してくる。「不詳の死因などあってはならない」という信念を持つ真央が、たぐりよせた事件の真相とは…!?


[ラブシュートリア] LOVE SHOETORIA サンダル LOV5565

屋敷は小杉を最初に調べた刑事だった。屋敷刑事が印田先生と知り合ったのは、真央の母の事件の現場だった。絡み合う沢山の糸、真実に繋がっているのはどの糸なのか。

火事現場の焼死体、死因は一酸化炭素中毒としてはやく切り上げたい児玉。指導医として他の医師の手前、見くびられないようにと真央を叱り飛ばす児玉。真央は動じない。先輩達にしてみれば、児玉の見え透いたパフォーマンスに、仕事の手を休めてまで協力してやるメリットはない。部長に気に入られたい一心で表面上は仲良くしているものの、それだけの仲。

誰にもフォローしてもらえない児玉、職場放棄。事務の秋山にメールで欠勤を知らせて来る。気持ち悪がる秋山、部長にいう勇気のない児玉への評価は、全員低下気味。

武井咲 2011年 カレンダー

不詳の一酸化炭素中毒死ではあってはならない

どんな時でも、まっすぐに相手を見据える真央の瞳

真央のこだわりが事件の証拠を握りこぶしの中から見つけ出す。ルーチンで流していたら見つからなかった真実。それがけなげな夫婦の幸せを壊してしまっても、人間の屑が殺された事件だったと判明したとしても。

「児玉先生が執刀医だから」という理由で、ずる休み中の児玉に検視結果を届けにいく真央。自分は普通、真央は普通じゃない。それと同時に真央の強さをうらやましく思っている児玉。先輩医師達に媚を売って孤独にならないようにしている自分。それが馬鹿げた事だと自分でも解っているのにやめられない。真央は屋敷に話したのと同じように、自分が交番の前に捨てられた孤児だった事、施設で育った事を話す。思いがけない告白に戸惑いながら、真央への態度を少しだけ和らげる児玉。

真央の知りたいのは、母の死の真実

そのために中央監察医務院に来た。母の解剖をした印田の嘘を暴くために。屋敷は印田に警告すると同時に、彼自身も真実を知りたいと願っている目をしていた。屋敷の陰惨な迫力は佐々木さんの好演。とぼける印田先生も負けてはいない。

小杉に告げられた真実、泣きながら歩く真央。
刑の執行がせまる小杉の語った内容とは??


今回で屋敷と真央の母の事件との関わりがあきらかになり、次回でどうやら印田先生の素顔と真央の母の死因の嘘が明らかになる様子。謎のお金持ちの理由も判明しそう。

真央が真実に執着する姿とその意味を事件にだぶらせながら、真央の知りたい真実へのヒントが満載だった回

最終回に向けて盛り上げますね(^o^)

STAFF
制作局 テレビ朝日
製作総指揮  内山聖子
演出 常廣丈太  星野和成 片山修
脚本 大石静
プロデューサー 中川慎子  浅井千瑞

CAST
松本 真央(まつもと まお)武井咲 監察医
泉澤 郁夫(いずみさわ いくお)生瀬勝久 部長監察医
印田 恭子(いんでん きょうこ)真矢みき 監察医
屋敷 一郎(やしき いちろう)佐々木蔵之介 捜査官
小杉 貞夫(こすぎ さだお)橋爪功 死刑囚
保坂 博(ほさか ひろし)でんでん 監察医補佐
岩松 正彦(いわまつ まさひこ)六角精児 監察医
中山 光則(なかやま みつのり) 尾美としのり 監察医
児玉 吉人(こだま よしと)青柳翔 監察医
佃 健太郎(つくだ けんたろう)小松和重 臨床検査技師
秋山 晴子(あきやま はるこ)水沢エレナ 事務
久米 みどり(くめ みどり)宮﨑香蓮 臨床検査技師
小林 保(こばやし たもつ)モロ師岡 課長
富田 肇(とみた はじめ)和田正人 捜査官


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

ゼロの真実~監察医・松本真央~ (第7話・8/28) 感想

テレビ朝日系『ゼロの真実~監察医・松本真央~』(公式) 第7話『最終章!!監察医vs二度殺された焼死体トリック!』の感想。 真央(武井咲)が面会を重ねる死刑囚の小杉(橋爪功)を8年前に取り調べたのは屋敷(佐々木蔵之介)だった。状況から、小杉が3人を殺したことは明らかだったが、動機や被害者との関係は何も分からなかった。しかし、屋敷は小杉と3人の間には、何らかのつながりがあっ...

2014.08.29 (Fri) 15:35 | ディレクターの目線blog@FC2

ゼロの真実~監察医・松本真央~「最終章!!監察医VS二度殺された焼死体トリック!」

全体を貫いてた謎。ヒロイン、松本真央(武井咲)のために3人を殺したという、死刑囚・小杉(橋爪功)の3人のつながり。真央の母親が死んだ現場で、出会ったという、印田恭子(真矢みき)と、屋敷(佐々木蔵之介)… この偶然。すごく、思わせぶりでドラマチックな幕開けと、エンディングだと思ってたら、ラス前だったのですね。事件自体は、火事場で死んだのに、なぜか煙を吸ってない焼死体の謎、というところから、「不...

2014.08.29 (Fri) 16:05 | のほほん便り

【 ゼロの真実~監察医・松本真央~ 】第7話 感想

今のやかんの話、医務院でもしなよ。 なぜですか? そしたら、みんなともっと仲良くなれるから。 仲良くする必要はありません。 …そうだよね。 そうです。 ゼロの真実~監察医・松本真央~ 第7話      小杉を最初に取り調べたんは、わしや。 と、真央に言う屋敷。 8年前。 小杉貞夫は警視庁に自首してきた。...

2014.08.29 (Fri) 19:13 | ドラマ@見取り八段・実0段