THE MENTALIST / メンタリスト シーズン5 第12話 感想

The Mentalist Season 5

殺人現場を見てしまった少年マーヴィン

第12話 小さな赤い車 Little Red Corvette

公式HPよりあらすじ
解体業者が男の遺体を発見する。被害者はホレイショ・ジョーンズと判明。ジョーンズはヴォルカーのエネルギー会社VNXの地質学者で、2ヵ月前の大陪審でヴォルカーに不利な証言をするはずが行方不明になっていた。リズボンはヴォルカーが殺害に関わっていると確信する。


1/12スケール RCカー ランボルギーニ アヴェンタドール J(イオタ) Lamborghini Aventador Jota ライセンスラジコン

守るといいながら、証人の身の上をまったく心配しないリズボン。リズボンに呼ばれただけでも、ヴォルカーが手を回すかもしれないと考えない。守る守るは口約束でしかない愚かなリズボン。

子供の前で善人ぶるヴォルカー

ジェーンはヴォルカーと逢って実行犯が誰かを突き止める。

リズボンが頑張ってVNX社の家宅捜索令状を取ったのに、先回りしたヴォルカー。会社はもぬけの空。無骨で頭の回らないリズボンは、裁判所にも警察にも彼の手下がわざわざ署にやって来て勝ち誇るヴォルカー。その裏の不安を面と向かって指摘するジェーン、それも彼らしいやり方。

ミルクの殺人の相棒クライド

ジェーンがかまをかけて見つけた男。さすがのクライドも子供を殺せなかった。クライドが警察に連れて行かれたのをとっくにヴォルカーは知っていた。死を選ぶしかなかったクライド。お間抜けリズボンと愉快な仲間は内通者に気がついていない。ブレンダが内通者、彼女からマーヴィンの事を知ったヴォルカーは少年を殺そうとする。

クライドの電話の履歴からマーヴィンの居所がわかるが、ヴォルカーも警察のする程度の事は出来る。ヴォルカーの誤算はカネを出せば何でもやってもらえると思っていた所。殺し屋は子供は殺さない主義。ヴォルカーの後にやっとチョウ達が到着。後手後手・・だが、ここでジェーンのゆさぶりが効いて来る。あせったヴォルカーは自分でマーヴィンを殺しに動物園へと行く。

マーヴィンを連れ去ろうとしたヴォルカー、リズボンに撃たれる。ついでに顔面パンチ。

マーヴィンは母親の元へ。リズボンはやっと安堵。だが彼女のうかつさで殺された証人たちの事を思えば、彼女のいたらなさの被害が甚大。それも意地になってジェーンの協力を断ったせい。ジェーンは少年の捜査に専念すると見せながら、さりげなくフォローする。

100回記念での過去話で、ジェーンを見出したのはリズボンだという事になったけれど、とてもそんな聡明さがあると思えないのが辛い所。いつも短気で無計画過ぎる。

Mentalist: Season 1-5 [DVD] [Import]

The Mentalist Season 5

CAST
パトリック・ジェーン サイモン・ベイカー 郷田ほづみ
テレサ・リズボン ロビン・タニー 加納千秋
キンブル・チョウ ティム・カン 喜山茂雄
ウェイン・リグスビー オーウェン・イオマン 江川央生
グレース・ヴァンペルト アマンダ・リゲッティ 斉藤佑圭


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

メンタリスト シーズン5 #12 「小さな赤い車」

「小さな赤い車 / Little Red Corvette」 2カ月前。倉庫の中で少年がラジコンカーで遊んでいると男達が来たので隠れて いるとトミー(前回参照)が殺害を指示。手下の二人がその男を絞殺する。だが お約束通りに少年が音を立てて隠れているのがバレてしまい・・・ 現在...

2014.09.06 (Sat) 17:33 | 紀州のプーさん のんびり日記