ST 赤と白の捜査ファイル 第8話 感想

ST

風船を握りつぶして「アーーーーッ!!」

公式HPよりあらすじ
ある朝、公園で男性の遺体が発見された。殺害された田所は7年前、酒に酔った勢いで当時21歳だった大崎に暴行を加えた。そのまま放置された大崎は脳挫傷が原因で死亡。しかし、田所は未成年だった為、たった一年で出所。そのため殺害された大崎の両親による復讐の線も考えられたが、2人には揺るぎないアリバイがあった。早速、赤城左門(藤原竜也)と百合根友久(岡田将生)は大崎の母親・佳子(宮地雅子)に会いに行く。佳子は未だに息子の死から立ち直ることができずにいた。そんな佳子が漏らした本音「誰なのかしらね?田所を殺してくれたのは」?????。翌日、新たな男性の遺体が発見される。殺害されたのは、小林栄太。彼は田所同様、過去に犯罪を犯していた人物だった。4年前、小林は当時18歳だった新島優名をストーキングし殺害した容疑をかけられていたが、殺害に関しては証拠不十分のため不起訴に。2件の事件は殺害方法・殺害場所が酷似しており、さらに最大の共通点が“被害者が過去に恨みを買った人間”であるとプロファイリングする青山(志田未来)。捜査が錯綜する中、菊川刑事(田中哲司)がエリート部署・警務部人事課に異動することに。動揺する筒井桃子(柴本幸)はやる気が空回りする。そんな桃子と共に赤城と百合根は新島優名の父親であり犯罪心理学者の新島泰弘(西岡德馬)に聞き込みへ。赤城はアリバイのない泰弘を追い詰めようと4年前に殺害された娘の話題を出すが、冷静に切り返されてしまう。一方、妻・春名(高橋ひとみ)は娘を殺した犯人は勿論、犯人を逮捕できずにいる警察を恨み続けていた。しかし犯行時刻、春名には鉄壁のアリバイが。果たして、天才・赤城左門は子どもを失った母親の気持ちに寄り添い、その先にみえる事件の真相を見つけ出すことは出来るのか!?

菊川さんが栄転、菊川さんなき後のSTとの連携も頑張ろうと筒井は張り切りすぎて空回り、赤城さんに辛らつな言葉を浴びせられてばかり。

子供を殺された親の心の闇

ブログで心の内を吐き出しても、危ないサイトに殺人を依頼しても、どこまでも晴れることのない苦悩。加害者に反省の欠片もなければなおの事。

事件そのものは、西岡德馬さんが最初からラスボス感たっぷりだったので、ある程度はどういう道筋でそこにたどり着くかを追うだけだったし、母親達が交換殺人に走るにしても海槌麗巳さんはともかく、もうひとりの母親はあまりにも平凡過ぎて、かえってありえない感が強くなってしまったような。

手紙のコピーの件に関しても、今ひとつの説得力

今回は、筒井さんが女一人で生きていこうとマンションを買ったのに「残るのは借金だけ」などと批判的な赤城さんとのバトルを見るのが楽しみだったかも。筒井さん、地味に見えますが、要所要所で味を出す良い役どころ。

竜也 いまの俺

STの面々は今回は赤城さん以外は大人しかったですね

筒井さんに送迎会もやってもらえないとガックリの菊川さん。最後に自分の事を何とも思っていないと思っていたSTの面々からの送られた送別のプレゼントに涙。素直になれずに照れた態度を取ったら「いらないならもらう」とばかりにカゴに入れようとする赤城さんの子供っぽさが楽しい。

次回は、犯人の「警察は・・」の言葉がひとつのヒントとなる回らしいです。警察官が越えてはならない一線と三枝さんが警察をやめた本当の理由が関わってくる気配。


ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)

STAFF
演出 佐藤東弥
原作 今野敏「ST 警視庁科学特捜班」シリーズ
脚本 渡辺雄

CAST
赤城 左門 藤原竜也
百合根 友久 岡田将生
青山 翔 志田未来
結城 翠 芦名星
黒崎 勇治 窪田正孝
山吹才蔵 三宅弘城
筒井桃子 柴本幸
池田厚作 林遣都
菊川 吾郎 田中哲司
松戸紫織 瀬戸朝香
三枝俊郎 渡部篤郎


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

ST 赤と白の捜査ファイル (第8話・9/3) 感想

日本テレビ系『ST 赤と白の捜査ファイル』(公式) 第8話『母の悲しみが奏でる死の子守唄・天才赤城左門VS犯罪心理学の権威究極の対決!』の感想。 なお、今野敏氏の原作小説『ST 警視庁科学特捜班』は未読。 深夜の公園で他殺体が発見される。被害者は7年前の傷害致死事件の犯人だった。 赤城(藤原竜也)と百合根(岡田将生)は桃子(柴本幸)と共に、息子を殺された母親の佳子(宮地...

2014.09.05 (Fri) 13:21 | ディレクターの目線blog@FC2

ST 赤と白の捜査ファイル「母の悲しみが奏でる死の子守唄・天才赤城左門VS犯罪心理学の権威究極の対…

ますます派手になる、赤城左門(藤原竜也)の「謎が解けてシマッタ… 残念だぁ」のリアクション。状況を示す風船も、ひょっとして、パンパン叩き割るための小道具?と (^m^)だったのでした。思いっきりネタバレですが、って、既にサブタイトルがすべて示してますよね。個人的に、初めて、ミステリーでよく耳にする「交換殺人」の意味が理解できたのでした。なるほど、冷徹な手口、鮮やかさは、頭のいい黒幕と、強い恨...

2014.09.05 (Fri) 14:46 | のほほん便り

ST 赤と白の捜査ファイル #08

『母の悲しみが奏でる死の子守唄・天才 赤城左門vs犯罪心理学の権威究極の対決!』

2014.09.05 (Fri) 19:55 | ぐ~たらにっき