名探偵ポワロ ビッグ・フォー The Big Four 感想

名探偵ポワロ 

ヘイスティングス、ミス・レモン、ジャップ警部・・懐かしい人々が顔を揃えるファン待望の回

公式HPよりあらすじ
「ポワロ死去」の知らせが友人たちに届く。その裏に潜む、国際秘密結社「ビッグ・フォー」とは…?ジャップ警視監からヘイスティングス大尉とミス・レモンのもとにポワロ死去の知らせが届く。その死の裏には、「ビッグ・フォー」と呼ばれる国際的秘密結社の存在があった。4週間前。新聞記者タイソーのもとにビッグ・フォーの活動を警告する匿名文書がたびたび届いていた。そんなある夜、ポワロが出席した平和党のパーティーで、党の代表ライランドとロシアのチェスの王者サヴァロノフが対戦。だが開始直後、王者が急死する。


ベランダで寛ぐ男、顔はウェスタンハットで見えない。西部劇で見るような風景。少年が手紙を持ってやって来る。男が帽子を取る。男はヘイスティングス大尉、手紙の内容は・・驚きが彼の顔に走る。ファンなら彼のアルゼンチンの牧場での出来事だと察するはず。

そしてミス・レモン。忠実なる従僕ジョージと入れ替わりにポワロの下を去った後の、穏やかなるも几帳面な生活が見て取れる。”旧友”のために手紙を書くジャップ警部、いや今や出世して警視監。

名探偵ポワロ DVD-SET5

良い幕開けです

制作サイドの変更後、姿を見せなくなった三人が一堂に会する、これもファンにはうれしい場面。それがポワロの葬儀の場であろうと(勿論それには裏があると観ている側には解っているのですが)。25年の歳月が彼らの上にも流れ、その歳月は吹替の声にも流れ、長年のファンとしては感慨深い。いやあ、良い。実に良い。この場面を見ただけでも、満足ですよ。


Agatha Christie's Poirot: Music from the Televisio

そしてジャップ警視監とポワロの再会

平和党のパーティで再会を喜ぶ二人の様子には、演技を越えたものを感じます。「モナミ」の声にも真実の喜びがあふれているようです。

神経学の権威マダム・オリヴィエ、フランス人。「ベルギー人ですか」とジャップ警視監に聞かれ、「Non!」と激しく言い切るポワロにベルギー人の誇りを感じる。

新聞記者のタイソーはビッグ・フォーの謎を執拗に追いかけている。党首ライランドのパーティにも潜り込む。ライランドもビッグ・フォーの悪事に加担しているとタイソーは睨んでいる。そこで東西の平和のためにと行われたチェスの試合中、ロシアのチェスの王者サヴァロノフが死亡。タイソーはポワロに、ライランドは偽名で資金源は武器売買だと告げる。

大きな写真、TV「名探偵ポワロ」デヴィッド・スーシェ

ポワロはサヴァロノフの死がチェスに仕掛けられた電気ショックのせいだと見破る。だがライランドは否定する。オリヴィエ夫人もポワロに圧力をかけて来る。

ライランドは行方不明、中国に傾倒している(サイノファイル)ジョナサン・ウォリーの死。ウォーリーはタイソーの持っていた本の著者。タイソーも身の危険を感じて、ポワロにすべてを打ち明ける。タイソー宛の謎の文章、それはチェスの事件とウォーリーの死を暗示していた。タイソーはウォーリーのポケットからトランプとタロットカードを持ち去っていた。平和党の影の大立者リー・チャン・イェンを表すカード、ライランド、婦人、死のカード、カードの端は焦げている。

タイソーに情報を流していた男が殺された
着ていたのは上等だが四半世紀も前の燕尾服

オリヴィエ夫人の滞在中の事件。顔が焼かれた遺体、殺されたペインター氏、主治医はペインター氏が心臓をわずらっていたと話す。ペインター夫人は心当たりはないという。不詳の甥も知らないという。オリヴィエ夫人も失踪。ポワロはウォーリー氏の屋敷でメトセラ劇団の資料を見つける。そこに事件のヒントを発見。女優のフロッシーに送りつけられて来る匿名のメッセージにポワロは興味を引かれる。

ポワロは呼びだされる。行った先で爆破事故、折れた白鳥の柄のステッキ

ここで冒頭に戻る。ポワロの葬儀の場面。ヘイスティングスとミス・レモン、ジャップ警視艦が再登場。ビッグー・フォーのナンバー4の正体もわからぬまま。ポワロさんの意志を継いで捜査をしようと、ヘイスティングスは憤然と飛び出していく。

モンロー嬢は、メトセラ劇場で囚われ、椅子に縛り付けられたまま尋問される。舞台の上に繰り広げられるのは、ビッグ。フォーの自作自演劇場。モンローは答える、中国人のナンバー1、アメリカ人の出資者ナンバー2、フランス人の夫人ナンバー3。ナンバー4については知らないとモンローは答える。フロッシーの目の前に現れたのはクロード・ダレル、誰もがさして重要とは思わず、覚える気もなかった人物。

ビッグ4 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 1-77))

「全世界が僕を知っている!違うか?」

すべては彼女を愛を得る為
全世界の記憶に残る人物になるため

舞台に戻って来たポワロ

正体はいなくなった甥アルバート・ウォーリー。世界を混乱に陥れる組織など存在しなかった。タイソーは利用されただけ。特ダネ欲しさにビッグ・フォーの事件に飛びついた。国際的秘密結社、世界征服の野望、すべては踊らされていただけ。

マクロな話が、急速にミニマムな世界に・・

舞台の上は悲劇、アルバートはあざ笑う、ポワロの芝居がかった謎解きを、自分の同類だと。あざ笑ったアルバート、ポワロに銃を受ける。危うし、ポワロ。タイソーの機転、落とされた幕、まさにあっけない幕切れ。

名探偵ポワロ DVD-BOX3

ラストシーンはポワロの居間。ポワロの死が偽装とわかり、憤懣やるせないミス・レモンとジャップ。ジョージが食えぬ態度で主人の味方をする。ともかくも再会を喜んでいる所に、飛び出していったきりのヘイスティングスが戻って来る。ポワロの姿に驚くモナミ。二人の抱擁、ジョージがそっと扉を閉める。最後も粋。

ホワイトヘヴンマンション、かつてのレギュラーの面々。英国の古き屋敷、室内、風情ある通り、時代のついた劇場・・今回も堪能。

名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 5

Agatha Christie's Poirot

原作:アガサ・クリスティー
製作:ブライアン・イーストマン他
製作総指揮:ニック・エリオット他
脚本:クライブ・エクストン、マイケル・ベイガー、アンソニー・ホロウィッツ他
監督:エドワード・ベネット、レニー・ライ他
音楽:クリストファー・ガニング
制作:カーニバル・フィルム、英LWT、グラナダ・プロダクション、米A&Eテレビジョンネットワーク、アガサクリスティーLtd.

エルキュール・ポワロ:デヴィッド・スーシェ 熊倉一雄
アーサー・ヘイスティングス大尉:ヒュー・フレイザー 富山敬→安原義人
ジェームス・ハロルド・ジャップ警部:フィリップ・ジャクソン 坂口芳貞
ミス・レモン:ポーリーン・モラン 翠準子
アリアドニ・オリヴァ夫人:ゾーイ・ワナメイカー 藤波京子→山本陽子


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

BSにすれば、でも料金の方が
2000円上乗せは…
たかが2000円されど2000円。
みみっちいですか?

2014.09.18(Thu) 11:43       ミント さん   #oJbzgH2U  URL       

ミントさま

何にどう予算を振るかは、その方のスタンスですのでw
ソフトも発売されますし、その後レンタルも早々に始まるのではと思いますよ。

2014.09.18(Thu) 21:18       もるがん さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント