(新)相棒 season13 第1話 ファントム・アサシン 感想

相棒

スパイ天国日本、軽い気持ちで情報を売り渡す売国奴達。そんな中でも、あくまでも右京さんの興味は法に乗っ取った裁き。だが、その法の方が変わったら?右京さんの”正義”の限界をシーズン冒頭から問いかける。

公式HPよりあらすじ
ある日、右京(水谷豊)のもとに、かつて事件を通じて特命係とかかわったホームレスの吉田一郎(松尾貴史)が訪ねてくる。ゴミ箱から拾ったバラバラのレジュメを繋ぎ合わせたところ、そこには歩道橋から転落死したと報じられた男性会社員の詳細な個人情報が書かれていたという。それが何らかの事件であることを察した右京と享(成宮寛貴)は、独自の捜査を開始する。そんな中、右京は歩道橋付近の防犯カメラに、先日絞殺された大学准教授が映っているのを発見。ふたつの事件の繋がりを疑う。そして、吉田から受け取ったレジュメから、社美彌子(仲間由紀恵)という女性の指紋が見つかる。彼女は、内閣情報調査室総務部門(通称・内調)に在籍する、情報機関のスペシャリストだった。さっそく、美彌子と面会した右京と享は、レジュメが内調の資料室から何者かによって持ち出されたものだと聞く。美彌子によると、レジュメには7名の日本人の詳細な情報が書かれていた。7名は先ごろアメリカに亡命したロシア人スパイが日本滞在中に情報を得ていた協力者だと証言した人物という。米CIAから内調に極秘裏に連絡があったのだ。その内、既に3名が死亡。転落死した男性会社員と、絞殺された大学准教授、さらに昨夜殺害された新聞記者の名前があった。何者かがリストアップされた7人を次々に殺している“連続暗殺事件”の可能性が浮上し、捜査一課は残る4人の警護を担当することに。ところが、その矢先、思わぬ事態が起こり、警護は大混乱に陥る7人を狙う“姿なき暗殺者”は一体誰なのか?右京と享は、日本の情報戦略を根底から揺るがすスパイ事件の闇を解き明かすことができるのか…!?国家レベルの巨大事件から、特命係の新たな捜査が始まる!

ゲスト:仲間由紀恵 羽場裕一 脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治


うーん・・・脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治なのに。要になる部分も右京さんだけでは持ちませんよ。仲間と成宮の大根二人では、どうしたって無理。「お見通しだ」なんて他ドラマのネタを入れても、そこは笑う所ではないし。

9係で浅輪君と倫子ちゃんの別れネタがあったばかりなので、カイト君とスッチー絡みの不仲ネタも今ひとつに思えてしまう。刑事になると言い張ってたのに特命係に飛ばされても何の向上心も見えず、チャラチャラと結婚しちゃえと軽いノリのカイト君に好感を抱くのは難しい。結婚とは単に男と女が一緒に住むという事ではないわけで。そこは悦子の方がしっかりしていて、カイト君の父親に認められこそ本当の結婚と、カイト君とカイト父との和解を画策するものの、反発するだけの餓鬼っぽさ丸出しのカイト君。

ほんと、芯が通ってない。亀ちゃんも神戸も一本ちゃんと持ってましたよ。たぶん、そこがカイト君を受け付けられない一番の理由なんだろうな。なんちゃって相棒という感じからずっと抜け出せない。髪型よりも性根を入れ替えねば、何も変わらない。「昔は良かった」と言いながら、惰性で見ている人間ばかりでは先細りするばかり。

大物スターさんが鳴り物入りでも、ちっとも盛り上がらないドラマ。
ネタは国際的なのに、どうも話が小さい。脚本が退屈過ぎる。

売国奴の皆さんがあまりにも薄っぺらい。

一体どうしちゃったんでしょう、相棒。レギュラー陣もどこか上の空に見える。捜一コンビも辛いな、三浦さんが存在は大きかった。今シーズンは大河内さんと陣川君の出番はあるのでしょうか・・

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント