相棒 season13 第3話 許されざる者 感想

相棒

密室の殺人、ミステリーの定番。右京さん、楽しそうw

公式HPよりあらすじ
出版社に勤める長谷川(夙川アトム)という男性が自室で殺害された。室内が派手に荒らされていたことから、捜査一課は強盗殺人の線で捜査を始める。しかし、長谷川は3年前、強盗殺人の容疑者として裁判にかけられたものの、人権派の女性弁護士・永井多恵(片岡礼子)の手腕もあって、無罪となった人物であることが判明。さらに、今回の現場マンションが巨大な密室状態になっていることを知った右京(水谷豊)は、そこにミステリーを感じ、享(成宮寛貴)と共に独自の捜査を開始する。その後、多恵が裁判後も長谷川と交流を持っていたという情報を得た2人は、彼女から事情を聞く。そんな中、3年前の強盗殺人の“真犯人”とされていたホームレスが無実だった可能性が浮上して…!?3年前の強盗殺人と今回の殺人事件の関係は? 右京と享は巨大な密室マンションの謎を解くことができるのか!?事件はやがて、思わぬ方向へと転がっていく!

ゲスト:片岡礼子 脚本:金井寛 監督:和泉聖治


冤罪の恐ろしさ。疑いをかけられただけで人生のすべてを失う。だが警察も国も救ってはくれない。誤認逮捕をしても警察は傷つかない、傷つくのは何も悪くない市民。

だが、そんなに単純な事ではなかった。

冤罪と人権派弁護士
良心の欠片もない人間に利用された正義

相棒 season12 上 (朝日文庫)

細かい所が気になって調べていくうちに真実を見つけ出す右京さん、これも定番のパターン。カイト君は隣で相槌を打つだけで、今回も実質的には何もしてませんよw脳なんか使ってませんよw

3年前の事件の真実が今回の殺人の鍵に

真犯人とされた浮浪者は無実
被害者の父親に罵倒されてうろたえる永井弁護士

ペラペラと次長のお坊ちゃまに情報を教えてしまう芹沢。苦々しげに芹沢をひっぱたくイタミン。まあ、芹沢の方が上昇志向という事かも。いくらカイト君に媚を売ってもカイトパパには届かないとは思いますが(´∀`)

気がある女に彼氏がいたからキレて殺した。いったん無罪になったので罪は問われない。だから自分が犯人だと告白本を出して大儲けしようとした屑な男。海外不動産を買う金欲しさ。何の反省もない、遺族をも笑いものにする屑の中の屑。

シンプソン(SIMPSON) ライディングブーツ BK 26.5 SPB-091

長谷川の靴から右京さんは謎を解いてしまう。

最初から一番怪しそうな人が犯人。ひとりの屑が周囲の人間を不幸にする話、まったく救いのない。右京さんの真実好きも不幸な人間を増やしていく場合が多い。ある意味、右京さんは屑の味方。そこまで追い詰めなくてもいいのにと思うのですが。この脚本、いつもの「人権弁護士なんて嘘っぱち」という、人の善意を悉く否定する親方マスコミ様の命令ででも作ったのでしょかね。後味を悪くすれば、社会派っぽいとか、勘違いしていませんか?弱者となった人間をこれでもかと楽しそうに痛めつける右京さんなんて見たくありませんよ。次の番組の国民の代表のふりをしてわざとらしいしかめっ面をしているなんちゃってジャーナリズムみたいですねえ。それが右京さんの正義ですか?そんな右京さんなら、いつか官房長のように刺されても仕方ないかも知れませんねえ。

たとえ屑であっても法は法・・的なまとめ方ならともかく、人権派弁護士を貶める方向に急ハンドルを切る脚本には感心しませんよ。安易過ぎる。あんな屑の弁護をする事も仕事の内、それでも信念を貫く展開の方が、見ていて救いがある。一体この脚本家は何がしたいのだろう。相棒を見た人達に「世の中には善人はいませんよ」といいたいのだろうか。見る人は「相棒」というドラマを楽しみにして見るのだから、そこの所を考えて欲しい。

理不尽な事件を描きたいなら、政治や法曹界や大企業相手にやればいいのに。昔の相棒はそういうネタがありましたよね?何か出来ない理由でも出来たのでしょうかと勘ぐりたくもなりますよ。津川さんや岸田さんのような大物はもう使えないかも知れませんが。

ところで片岡礼子って、こんなに下手でしたっけ?棒読みだし・・(^^;ヌードが売りだった人だからとは言いたくはありませんが、亀嫁と思わず比較してしまいました(^^;映画の方が合っていてTVだと良さが出ない人なのかな。

相棒テラス

相棒テラスへ行って来ました☆感想は→こちら


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント