クリミナル・マインド FBI行動分析課 season9 第9話 感想

Criminal Minds

Southern trees bear strange fruit(南部の木には奇妙な果実がなる)

第9話 奇妙な果実 Strange Fruit

公式HPよりあらすじ
ワシントンDCで工務店を経営する模範的な黒人市民、チャールズ・ジョンソン宅の裏庭から2体の白骨死体が発見される。ジョンソン家はチャールズ、妻ティナ、長男ライルの3人家族。ホッチがFBIを名乗った途端にライルが逃走を試みたため、3人ともBAUに連行されて別々に事情聴取を受けることになる。発見された白骨はどちらも女性のもので、ライルと同年代。しかも性器を切り刻まれた痕跡があり……。


一つの流れは、黒人問題。
もう一つの流れは新しいセクションチーフのマットとホッチ、JJの関係


具体的な事はまだ明かされないが、チームの面々にはマットとJJに何かあるのはバレている。最終回あたりに種明かしが来るのかな。

タイトルは、黒人が縛り首で木に吊るされている、それを”奇妙な果実”にたとえた有名な歌。ラストに流れる。その中で、黒人少年への侮辱を強制された少年時代を思うロッシ。

奇妙な果実

ロッシ自身もイタリア系移民。差別は常にヒエラルキーの下に向かう。かの地では日系は黒人よりも下層だと聞いた事がある。オバマが大統領になっても黒人への差別はなくならない。白人警官が黒人を撃ったと騒ぎ立てるのを見ていると、撃たれた黒人が強盗を働いた罪についてはまったくスルーされているのが奇妙だと感じるが、それは差別と言えば何でも許されるという、この手の騒動にありがちなグレーな部分なのだろう。大声で叫んで都合の悪い事は打ち消してしまう。それを双方でやりあう限り、根本的な部分は変わらない。

取調べはホッチが見詰め、現地はリードとアレックスの頭脳派。ホッチはワスプの代表として黒人を見るという構図だったのでしょうかね。

ロッシは少年時代の黒人への行為をモーガンに詫びる。だがモーガンはそれがロッシが望んでした事でないし、現在のロッシが自分を差別しているわけではないので謝る必要はないと考えていた。そしてそのモーガンも「お前は純粋な黒人じゃない」と犯人になじられる。アフリカ系以外の血が混じっていると。そのあたりも人種の問題の複雑さを映し出す場面として入れたのだろう。

白人少女のついた嘘でKKKの一派に暴行された黒人少年

いくら「ごめんなさい」と言われても、男と遊びまわって門限を遅れた言い訳に使われたあげくに一生を台無しにされたのだから、許せるはずはない。たとえ彼女が癌で死んだとしても。それはそれ、これはこれだ。彼女が暴行した犯人達に真実を明かして謝罪をさせる努力をすれば別だが。本人に言っただけでは自己満足に過ぎない。

アメリカ人なら、違う感想を持つのかも知れない。
アメリカ人でも、人種や出自で違うかも知れない。

Criminal Minds 2015 Calendar

Criminal Minds

アーロン・ホッチナー /トーマス・ギブソン 森田順平
デヴィッド・ロッシ /ジョー・マンテーニャ 小川真司→菅生隆之
デレク・モーガン /シェマー・ムーア 咲野俊介
Dr.スペンサー・リード /マシュー・グレイ・ギュブラー 森久保祥太郎
ジェニファー・ジャロウ(JJ) /A・J・クック 園崎未恵
ペネロープ・ガルシア /カーステン・ヴァングスネス 斉藤貴美子
アレックス・ブレイク /ジーン・トリプルホーン 安藤麻吹
エリン・ストラウス /ジェイン・アトキンソン 野沢由香里
エミリー・プレンティス /パジェット・ブリュースター 深見梨加
ウィリアム・ラモンテーン・ジュニア /ジョシュ・スチュワート 加瀬康之
エリザベス“ベス”クレモンズ /ベラミー・ヤング
アシュレイ・シーヴァー /レイチェル・ニコルズ 竹田まどか
ジョーダン・トッド /ミータ・ゴールディング 林真里花
エル・グリーナウェイ /ローラ・グラウディーニ 山像かおり
ジェイソン・ギデオン /マンディ・パティンキン 有本欽隆
マテオ”マット”クルーズ /イーサイ・モラレス 金光宣明


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント