クリミナル・マインド FBI行動分析課 season9 第11話 感想

Criminal Minds

原題のBullyとはいじめっ子の事

第11話 怒りの鉄拳 Bully

公式HPよりあらすじ
ブレイクの故郷カンザスシティで撲殺事件が発生。元警察官であるブレイクの父親デイモンは1年前の殺人事件と同一犯だと主張し、BAUに捜査協力を要請する。警察でBAUを迎えたのは、殺人課の刑事でブレイクの弟であるスコット。彼はBAUの介入を迷惑に感じていたが、デイモンにたしなめられて渋々協力することに。今回の被害者モリソンは50歳の男性だが、なぜか女性もののパンティを履かされていて……。


被害者は同じハイスクールの出身者。
犯人は素手で人を殺せるほど身体を鍛えている。

友達のいなかったライリー、いつもイジメの標的になっていた。からかわれて殴られて、女性物のパンティをはかせてさらし者にされた。首謀者のランスは無罪放免。いじめっ子や止めなかった大人を罰していた。自業自得なので被害者に同情は出来ないが、殺人は殺人。

ブレイク家の事情、複雑そう・・有能な父、出来の良い姉、劣等感から反抗心をむき出しにする凡庸な弟スコット、他界した兄と母。

「いつまでも過去にとらわれないで」

ブレイク、左遷したストラウスへの恨み事を言っていた自分の事を忘れたのかな?いじめを受けた人間の心の傷は、やはり優等生にはわからない。母と兄が死んだ病院のエピソードも、ホームパーティもいきなり彼女を良い人に見せようとしているような不自然感。


Criminal Minds 2015 Calendar

Criminal Minds

アーロン・ホッチナー /トーマス・ギブソン 森田順平
デヴィッド・ロッシ /ジョー・マンテーニャ 小川真司→菅生隆之
デレク・モーガン /シェマー・ムーア 咲野俊介
Dr.スペンサー・リード /マシュー・グレイ・ギュブラー 森久保祥太郎
ジェニファー・ジャロウ(JJ) /A・J・クック 園崎未恵
ペネロープ・ガルシア /カーステン・ヴァングスネス 斉藤貴美子
アレックス・ブレイク /ジーン・トリプルホーン 安藤麻吹
エリン・ストラウス /ジェイン・アトキンソン 野沢由香里
エミリー・プレンティス /パジェット・ブリュースター 深見梨加
ウィリアム・ラモンテーン・ジュニア /ジョシュ・スチュワート 加瀬康之
エリザベス“ベス”クレモンズ /ベラミー・ヤング
アシュレイ・シーヴァー /レイチェル・ニコルズ 竹田まどか
ジョーダン・トッド /ミータ・ゴールディング 林真里花
エル・グリーナウェイ /ローラ・グラウディーニ 山像かおり
ジェイソン・ギデオン /マンディ・パティンキン 有本欽隆
マテオ”マット”クルーズ /イーサイ・モラレス 金光宣明


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント