SCORPION/スコーピオン 第10話 感想

SCORPION

ウォルターの姉メイガンが病院を脱走、泥酔状態で警察に逮捕されて・・

第10話 思い出の箱 Talismans

公式HPよりあらすじ
病院を抜け出し、酒に酔って警察に留置されたメーガンを、ウォルターが迎えに行く。ウォルターは彼女をスコーピオンのガレージへ連れて行って、初めて仲間たちに紹介する。そこへガロから出動の連絡が。今回のミッションは、墜落した空軍機に搭載されたステルス技術のソフトウェアの回収とパイロットの遺体の引き取りだった。


不治の病で自暴自棄、飲酒で大暴れの姉を迎えにいったウォルター。情状酌量の余地ありで、警察も今回は見逃してくれたが。今までの印象とは違い、いきなりフリーダムに性格が激変してびっくりのメイガン。性格が悪くて二度びっくり。

人の物は勝手に持ち出すわ、人の話は聞かないわ、人の嫌がる事を無理矢理聞こうとするわ。

何かドラマに変化を付けたかったのでしょうかね。シルヴェスターの過去を語らせる為としても、もう少し何かあったような。それも敵地で弟が危機に陥っているのに、シルヴェスターの仕事の邪魔をするという。自分が死ぬから人の命もどうでもいいのか、弟を道連れにでもしたいのかと思えるような酷さ。

敵地での危険な任務
軍人と対立するウォルター達


頭脳というより、脳筋的な展開も増えて来たような。ケイブ仕込のウォルター、実はそんなに弱くない。頭だけの人ではないのですよね。それはイジメ対策に身体を鍛えたという苦い過去からの思いがけない財産だったわけですが。

反乱軍と訳されて、テロリストとは言われない敵
そのあたりは色々と事情があるのでしょう

敵は偽情報で計器を混乱させて墜落させ、機密データを盗もうとした
アンテナの管理者はそれを知らない。普通のデータだと思っている

ブランケット 毛布 国旗 柄 (アメリカ国旗)

アメリカ大好きの現地民に救われるハッピーとトビー
怪我をしたハッピーにトビーが見せるいたわり・・少しは気持ちが通じたかな?w


何故、メイガンのなくしたイヤリングが箱にあったのか。ウォルターは姉の思い出の品が欲しかった。メイガンが勝手に開けたウォルターの大切な箱の中身は思い出の品々だった。家族の思い出、仲間との思い出。

古い思い出はいらない、新しい思い出を作る二人。たとえ限られた時間であったとしても。ウォルターは感情がないのではなく、他の事に気をとられている事が多いだけ。脳の全部が右脳ではないのだから。

ハードな展開と家族と仲間の話と色々と詰め込まれた回。


Scorpion: Season One [DVD] [Import]

ウォルター・オブライエン 
エリス・ガベル/Elyes Gabel 杉田智和 天才ハッカー
ペイジ・ディニーン 
キャサリン・マクフィー/Katharine McPhee 小林沙苗 シングルマザー 
ケイブ・ガロ 
ロバート・パトリック/Robert Patrick 谷昌樹 国土安全保障省特別捜査官
トビー・カーティス
エディ・ケイ・トーマス/Eddie Kaye Thomas 福田賢二 天才行動心理学者
ハッピー・クイン
ジェイディン・ウォン/Jadyn Wong 田村聖子 機械工学の天才
シルヴェスター・ドッド
アリ・スティダム/Ari Stidham 原田晃 天才数学者、潔癖性で臆病


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント