THE MENTALIST / メンタリスト シーズン6 第20話 感想

The Mentalist

保護されたダニエラ。彼女だけ隔離されていた意味は?

第20話 白いテーブル Il Tavolo Bianco

公式HPよりあらすじ
ジェーンが突然逮捕される。レッド・ジョン殺害の件で召喚状が出ていたが、ジェーンがそれを無視して裁判所に行かなかったからだ。リズボンとフィッシャーは証人として大陪審に呼ばれ、検事の追求を受けるが……。


本当に妹の居場所は知らないのか?右利きなのに、何故右手にハートが書かれていたのか?人身売買の組織が何故女性達に血液検査をさせていたのか?チョウはダニエラに優しい、アボットに注意される。

ジェーンの裁判は嘘。大陪審で悪人に買収されている人物をあぶりだすため。アボットの指示だった。だが知らされてなかったリズボンは激怒。リズボンは自分が嘘が下手だというのをもう忘れたのだろうか。以前、それが原因で犯人にバレてしまい、仲間が危険な目にあったのに。

人身売買から臓器売買へ。事件は拡大する。

「カサブランカ」の有名な台詞で決めるパイク捜査官、だがリズボンはこの名作を見た事がなかった。パイクはがっかり、それでもめげない。かなりの趣味人のパイク捜査官、映画にも芸術にも関心のないリズボン。何となく上手くいかない雰囲気がある。趣味もあわない、会話もかみ合わないのに、パイクはリズボンの何処を好きになったのだろう。

「君に幸せになって欲しい」

それがジェーンの精一杯の言葉。「自分と一緒に」とは言えない、それがジェーン。



★直筆サイン★サイモン ベイカー★Simon Baker ●THE MENTALIST メンタリスト[TV] ●マージンコール (2011) ●キラーインサイドミー (2010) ●プラダを着た悪魔 (2006) ●ザリング2 (2005) ●ランド オブ ザ デッド (2005) ●堕ちた弁護士[TV] (2001-2004) ●レッド プラネット (2000) ●L.A.コンフィデンシャル (1997)

パトリック・ジェーン サイモン・ベイカー 郷田ほづみ
テレサ・リズボン ロビン・タニー 加納千秋
キンブル・チョウ ティム・カン 喜山茂雄
デニス・アボット ロックモンド・ダンバー 乃村健次
キム・フィッシャー エミリー・スワロー 入江純
ジェイソン・ワイリー ジョー・アドラー 関雄
ウェイン・リグスビー オーウェン・イオマン 江川央生
グレース・ヴァンペルト アマンダ・リゲッティ 斉藤佑圭



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント