相棒 season14 第7話 キモノ綺譚 感想

相棒

幸子の幸は他人にとっても不幸の幸・・というネタでした。

公式HPよりあらすじ
花の里の女将・幸子(鈴木杏樹)が、不審者として身柄を拘束されたという連絡を受け、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は身元引受人として所轄署に出向く。事情を聞くと、原因は最近購入した一着の着物だという。その胴裏を張り替えようと剥がしたところ、生地に「いつかおまえがそうしたように、あたしもおまえを殺したい。でも、できない。もどかしい…。幸子」という一文が口紅で書かれていたという。幸子は、この不穏な文章と“幸子”という自分と同じ名前に胸騒ぎを覚え、元の持ち主のマンションまで行ったものの、話をどう切り出したものかわからず周囲をうろついてしまい、不審者と間違えられたらしい。この話におおいに興味をひかれた右京と亘は、共に背景を調べ始める。元の持ち主は上條愛(西原亜希)という着付け教室の講師で、双子の姉である上條幸子は、2人の母親が営んでいる高級クラブで働いていることが分かる。実際、幸子に会って話を聞くと、文章は単なるポエムだというが、右京はこの双子の姉妹の言動に引っ掛かるものを感じる。“ついてない女”月本幸子が再び事件を呼び寄せる。着物に残された不気味なメッセージの真相とは…!?美人双子姉妹に隠された驚がくの“秘密”が明かされる!

ゲスト:西原亜希 脚本:輿水泰弘 監督:橋本一



結局、余計な事をして昔の秘密を暴き、多くの人を不幸にしてしまう右京さんというパターン。右京さんがかつて関わった旧家の事件の話と一緒です。

しかし幸子はいつになっても着物が板につかないなぁ。
幸子のわざとらしい演技も進歩が見えない。

何よりも右京さんが安っぽく見えてしまうのが困る。

同じ部屋、ウィッグ、ノートで、すぐにネタばれしてしまいました。二人を演じ分けているかは微妙だったし。何よりも口紅に着物という小道具が全然生きていない。たあいない子供の行動が引き起こした事件。隠された事実、隠そうとした子供の自己防衛とでも。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

タグ:相棒

Comment

ん~ひどい

ひさびさ相棒を観ましたが、
幸子さんの演技、ひどいですね。
何であんなぶりっこなんですかね。

2015.12.07(Mon) 22:12       ナナコ さん   #YGz6v9qQ  URL       

>ナナコさま

いらっしゃいませ☆
幸子さんの中に人はどうもこういう役には向いてない気が。
無理をしているような感じがいつもして気の毒になりそうです。

2015.12.08(Tue) 14:05       もるがん さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント