「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」感想

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

英国では2016年の新年早々に放映されたTVスペシャル

日本では劇場公開という形式に。そのために元々がTV用だと知らない観客から「騙された」「詐欺だ」という批判もあるようですが。TVドラマやアニメの続編や完結編が劇場公開されるのは、今では珍しくないのですが、そういう作品にも詐欺だと何だと言っているのでしょうかね、そういう人たちはw

舞台は19世紀のイギリス、作者コナン・ドイルの生きた時代

ゴシック・ホラー調で、なかなか良い雰囲気でした。TVでこれだけの映像を作るとは。日本では映画であってもここまでは無理なのを思うに、英国の心意気が羨ましい限りですよ。

冒頭に、製作総指揮&脚本家のひとりであるスティーヴン・モファットが、ドラマに登場する221Bの室内へのこだわりを現代版と19世紀版の共通と違いとを解説してくれます。今までのシーズンを観ていたファンには、良い入り口。

19世紀の事件がメインとなるのですが、19世紀のシャローック達と現代の彼らの絡ませ方が絶妙なのですよ。ファンならニヤリとしてしまう仕掛けが沢山してあります。(口に銃を突っ込んで後頭部を吹っ飛ばして死んだ女性を「彼女」ではなく「彼」と無意識にシャーロックが言う場面とか)そしてシーズン3のラストへと落とし込む流れが巧みな脚本。

本編の後に特別メイキング映像があります。


シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET3


19世紀の場面では、グラナダTVのジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズを思い出す事もしばしば。おそらくこれこそが正しい意味でのオマージュなのではないでしょうか。名作への敬意は忘れずに、現代風にアレンジして。

次のシーズンが待ち遠しいけれど・・今や売れっ子の二人、スケジュールの調整が難しいのでしょうねえ。


CAST
シャーロック・ホームズ ベネディクト・カンバーバッチ 三上哲
ジョン・ワトソン マーティン・フリーマン 森川智之
レストレード警部 ルパート・グレイヴス 原康義
ハドソン夫人 ウーナ・スタッブズ 谷育子
マイクロフト・ホームズ マーク・ゲイティス 木村靖司
サラ・ソーヤー ゾーイ・テルフォード 小林さやか
モリー・フーパー ルイーズ・ブリーリー 片岡身江
ジム・モリアーティ アンドリュー・スコット 村治学
チャールズ・アウグストゥス・マグヌセン ラース・ミケルセン 森田順平


吹替の声優さんはTV版のもの。このままの配役で吹き替え版も観たいですねえ。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Tags: 海外ドラマ

Comment (0)

非公開コメント