NCIS × NCIS: ニューオーリンズ 愛と絆の2時間スペシャル

NCIS

スーパー!ドラマTVにて放映

アビーの弟ルカが墜落した自家用機に?!
ギブスとプライドのチームの合同捜査が真相を解き明かす



NCIS

「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン13」

第12話 姉弟都市 前編

ニューオーリンズからワシントンD.C.に向かっていた自家用機の通信が途絶える。搭乗者の生存が絶望視される中、NCIS ニューオーリンズ支局のプライド捜査官は、乗客名簿の中にNCIS ワシントンD.C.本部の科学捜査分析官アビーの弟、ルカの名前を見つける。その後、ルカの携帯からメールを受け取ったアビーは、彼の行方を捜すことに。一方、ニューオーリンズではラサール捜査官たちがルカの自宅を捜査。意外な証拠が見つかる中、NCIS両局の合同捜査が始まる。

シュート家は手話で会話する変わった一家。
アビーもルカも養子、能天気な一家。

ブライ産業の副社長の乗った自家用機の乗員が全員死亡した状態で航行、都市への墜落を避けるために打ち落とす命令が出たが、アビーとマクギーがGPSを操って自動操縦を制御、自家用機は山林に墜落。アビーの弟ルカが墜落した自家用機に?!混乱するアビー。焼け爛れた遺体は誰なのか?アビーは遺体が別人だというが。ルカの自宅から大金、銃、盗聴器が出て来る。アビーにルカからメールが来る。何者かに追われているらしい。海軍と産業の闇か。

ライブリー中佐はブライ産業の社長と会った後、国防長官と「国家の危機」の件で会うはずだった。社長が電話に出ない。(軍事産業の社長に引っ掛けたレオン・ヴァンス局長のアイアンマンネタに反応が薄いギブズw)ブライ社へ行くと社長が行方不明だと判明。自家用機の遺体は低酸素症ではなく、特殊な毒によるものだった毒は機内で使われたフォークに塗られていた。殺人容疑で逮捕されてしまうルカ。ルカの代わりのシェフは誰か?見つかったルカは気がついたらモーテルにいた、何故そこにいたのかはわからないという。お人好しのルカはエヴァという女に騙されたらしい。ちょっと知能が足りないというか、人を疑う事が出来ない弟。何度も女に騙されてもこりていない。エヴァはブライの機密を狙っていたのか。

ルカの部屋になった似顔絵からエヴァの正体がロシアのパヴレンコの部下の工作員と判明。エヴァはギブスに連絡をしてくる。人命がかかっているという。パヴレンコはロシア政府の意向に逆らってギブスに接触したという。ルカの代理のシェフはパヴレンコは部下だった。ロシアはブライの新型軍艦マンタ・レイ計画を盗もうとしてた。戦争が起きるのを回避したいとパヴレンコはギブスの目の前で死んだ。

ロシアは遺体に引渡しを要求、渡したら証拠が消されてしまう。夜に紛れてニューオーリンズにダッキーとパーマーは武装したロシア語の集団に襲われてしまう。

NCIS: Naval Criminal Investigative Service

リロイ・ジェスロ・ギブス / マーク・ハーモン 井上和彦
アンソニー・“トニー”・ディノッゾ / マイケル・ウェザリー 森宮隆
ティモシー・マクギー / ショーン・マーレイ 会一太郎
エレノア・ビショップ / エミリー・ウィッカーシャム 恒松あゆみ
アビゲイル・“アビー”・シュート / ポーリー・ペレット 愛河里花
ドナルド・“ダッキー”・マ ラード / デヴィッド・マッカラム 千田光男
ジミー・パーマー / ブライアン・ディーツェン 玉木雅士
レオン・ヴァンス / ロッキー・キャロル 佐久田脩



NCIS: New Orleans

「NCIS: ニューオーリンズ シーズン2」

第12話 姉弟都市 後編

ワシントンD.C.本部のビショップ捜査官が、ロシアの参事官パヴレンコの遺体をニューオーリンズ支局へ搬送、プライドたちと共に現地で捜査を行うことに。アビーの弟ルカについて捜査を進めると、彼の交友関係である事実が発覚する。一方、ニューオーリンズ支局の科学捜査分析官セバスチャンはワシントンD.C.に飛び、アビーと共にパヴレンコに仕掛けられた盗聴器を調べる。

ダッキーとパーマーを襲った車は外交官ナンバー。パヴレンコの遺体はギブスの機転で他ルートでビショップが運んで来た。ビショップの離婚の事はブロディもプライドも皆知っていた。”家族”も困ったものだw

ルカはエヴァと密会していた。銃をプライドに突きつけるエヴァを見てもルカはエヴァをかばい、エヴァの逃亡を手助けする。これで脳足りんではなく立派な犯罪者。それでも自分は「悪い事をしていない」という。「エヴァは悪くない」の一点張り。出されたパンも「手作りではない」と食べない。どこまでも馬鹿。

パヴレンコは死ぬ少し前に、ニューオーリンズの立ち入り禁止のはずの場所にあるブライ産業の研究施設に行ったと判明。プライド達がそこに行くとブライ社長がいた。彼もプライドの前で神経毒で倒れるが一命を取り留める。マンタ・レイは国防総省が投げ出した。ブライは軍艦を商業用に改造してノルウェーの会社売った。その会社はロシアが海外技術を買うためのダミー会社だった。ブライからマンタ・レイを騙し取ったロシアは陰謀が発覚するのを恐れて、真実を知っている人間を次々に消そうとした。

すべての人間と接触出来たのはエヴァだけ。

セバスチャンのイヤフォンの電波干渉から、パヴレンコの歯に仕込まれた盗聴器が見つかる。検視中の会話もパヴレンコの遺体の場所もロシアにばれている。プライドはそれを逆手に取る。盗聴器の信号をたどるとそこにいたのは、プライドの知り合いのロシア女性パウリナとロシアの特殊部隊。のらりくらりと逃げようとする。だがプライドはパットンの携帯が仕込んだプログラムのおかげで、ロシア人の携帯に潜り込むのに成功する。盗聴した電話の音から銃声が。

セバスチャンとアビーは協力して盗聴器を調べる。モスクワの歯医者が治療したものをだと突き止める。プライドはエヴァの歯の盗聴器の周波数をパウリナから聞き出す。

ルカが逃亡した。アビーは激怒する。プライド達のせいではなくルカが愚かなだけなのに。ルカはエヴァと合流していた。ルカを狙って姿を現す殺し屋がエヴァの目的だった。ブライ社長の警備主任ハクスリー、ルカを狙ったのは口封じ。ロシアのスパイを殺したのもハクスリー。エヴァはパヴレンコの死の真相を追っていた。エヴァの自白から黒幕はブライだと判明。パヴレンコに警告されたのに、ロシアに軍艦を売り渡した。売国奴はベネズエラに逃亡寸前に逮捕。


どこまでもおめでたいルカ。思い込みが気持ち悪い。アビーの異常さは許容範囲だが、ルカの異常さはシリアルキラーに通じる肌寒さがある。エヴァをかばうために、きっと殺人だってやってのけそうだった。自分の愛を正当化する理由があるなら。

NCIS: New Orleans

ドウェイン・“キング”・プライド スコット・バクラ 内田直哉
クリストファー・“クリス”・ラサール ルーカス・ブラック 加瀬康之
メレディス・“メリー”・ブロディ ゾーイ・マクラーレン 皆川純子
ロレッタ・ウェイド CCH・パウンダー 宮寺智子
セバスチャン・ランド ロブ・カーコヴィッチ 武藤正史
ソーニャ・パーシー 小島幸子
パットン・プレイム 竹田雅則


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Tags: NCIS: ニューオーリンズ 海外ドラマ

Comment (0)

非公開コメント