映画「64-ロクヨン- 前編」感想

64

この国にも、まだ”映画”を作れる力が、残っていた?

カメラの廻し方からして、TVではなくて映画なのですよね。2Dでも遠近が感じられる。スクリーンの隅々まで気を使った絵作り。無暗矢鱈な台詞で説明するのではなく、絵に語らせる。紙芝居ではなく、映画なのですよ。

そういう事もわざわざ言わないとならない程、低質の酷い映画モドキが蔓延する邦画。そんな邦画に期待しなくなった私でも「これは」と思ったのですから。現状の映画界への痛烈な皮肉でもあり、反抗の狼煙でもあるのでは・・そんな風にすら感じましたよ。本気で映画にたずさわる人間なら誰だって、良い映画が作りたい、それが本音ですよね。上から何を言われようと、自分の利益第一の人間にかき回されようと。

後編を観ないと本当の評価は出来ないとはいえ。

役者の力量を引き出すのも、作り手の手腕ありき。それを感じましたよ。佐藤浩市さんはじめ、役者としてどうかなと思っていた人々まで、存在感を出して来る。これは地味に凄い。登場人物は多いけれど、三上中心に描かれる脚本がいいから、気にならない。

昭和64年と平成14年の対比も良く作りこんである。

ひとつの山を越えた所で、次の事件発生。その事件と14年前の事件とが繋がって・・結末まで、どう持っていくのか、気になって仕方ない。後半は来月、観に行きますよ!!!!


64(ロクヨン)


STAFF
監督 瀬々敬久
脚本 久松真一 瀬々敬久
配給 東宝
原作 横山秀夫「64(ロクヨン)」(文春文庫刊)
音楽 村松崇継
主題歌 小田和正「風は止んだ」
企画協力 文藝春秋

CAST
三上 義信 佐藤浩市
諏訪 綾野剛
美雲 榮倉奈々
三上 美那子 夏川結衣
目崎 正人 緒形直人
日吉 浩一郎 窪田正孝
手嶋 坂口健太郎
柿沼 筒井道隆
村串 みずき 鶴田真由
望月 赤井英和
漆原 菅田俊
蔵前 金井勇太
御倉 小澤征悦
石井 菅原大吉
落合 柄本佑
三上 あゆみ 芳根京子
日吉 雅恵 烏丸せつこ
辻内 欣司 椎名桔平
赤間 滝藤賢一
荒木田 奥田瑛二
二渡 真治 仲村トオル
幸田 一樹 吉岡秀隆
秋川 瑛太
雨宮 芳男 永瀬正敏
松岡 勝俊 三浦友和
雨宮 敏子 小橋めぐみ


滝藤賢一さんの下劣なエリート、上手い。地位的にはエリートでも人間性では底辺の人間、こういう下種な役が上手い役者さんですよね。綾野剛も単なる二枚目ではなく、広報という事でちょっと「空飛ぶ広報室」を思い出してしまいましたが。あの時よりいいな。吉岡秀隆さん、流れの中で焦点のひとつになる役どころ、程好い塩梅。三浦友和さん、良い貫禄。

「シン・ゴジラ」の予告、やはり電線にこだわりを感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Tags: 映画 64

Comment (0)

非公開コメント

Trackback (10)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  試写会「64 -ロクヨン- 前編」
  • 本音でぶつかり合えば… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604210000/ 64(ロクヨン)(上)【電子書籍】[ 横山秀夫 ]価格:690円 64(上) [ 横山秀夫(小説家) ]価格:691円(税込、送料無料) 64(下) [ 横山秀夫(小説家) ]価格:691...
  • 2016.05.18 (Wed) 20:16 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  64 ロクヨン前編
  • 64−ロクヨン−前編@イイノホール
  • 2016.05.18 (Wed) 20:18 | あーうぃ だにぇっと
この記事へのトラックバック
  •  64−ロクヨン−前編
  • 豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ...
  • 2016.05.18 (Wed) 20:25 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  映画『64−ロクヨン−前編』
  • 人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらないから、 前・後編で別れちゃうんですね。 見応えあるだろうけれど、 正直言って、前編は広報官と記者クラブとの対立がメインになっちゃうだろうし、 退屈しないで見られるのか不安だったけれど ...
  • 2016.05.18 (Wed) 21:43 | よくばりアンテナ
この記事へのトラックバック
  •  『スニーク/64 前編、後編』 2015年9月5日 東宝試写室
  • 『スニーク/64 前編 後編』  来年の春に公開予定の64を見た。 見応えあるが、2作になっているのは結構辛い。 64とは・・・昭和64年のことである。 昭和64年は数日間しかなく、その時に昭和から平成に変わったため 事件などニュースが、元号が変わったことにより埋もれてしまい 世間で話題に上らず、事件の目撃者等の情報も得られず 難しい捜査を強いられることになった話である。 前編は事件を描...
  • 2016.05.18 (Wed) 22:27 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-
この記事へのトラックバック
  •  『64 ロクヨン 前編』 2016年4月29日 イイノホール
  • 『64 ロクヨン 前編』 を試写会で鑑賞しました。 実は昨年の9月のスニーク(モニター)試写会で前後編を鑑賞している。 【ストーリー】  わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれ...
  • 2016.05.18 (Wed) 22:27 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『64-ロクヨン-前編』
  • そこに心はあるのか。 何とも日本的な重さが心にずしりと残る映画だ。しかし何とも日本的な感動がじわじわと心に響く映画だ。 まだ事件の核心に迫っている訳ではないのに、それで ...
  • 2016.05.19 (Thu) 23:03 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  「64 ロクヨン」☆まだ何も始まらない
  • 豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役割を全うしているのが伝わってくる。 勿論、「このミス」1位の横山秀夫の原作も真摯で重厚で申し分ない。
  • 2016.05.20 (Fri) 14:30 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  64 ロクヨン 前編
  • 平成14年。 「ロクヨン」と呼ばれる、昭和最後の年・昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は、間もなく時効を迎えようとしていた。 かつて「ロクヨン」の捜査にもあたった県警の刑事・三上義信は、異動で広報室の広報官となる。 就任早々、訳あって交通事故の加害者を匿名で発表したため、広報室は県警記者クラブからの突き上げにあってしまう…。 ミステリー前編。
  • 2016.05.22 (Sun) 08:53 | 象のロケット