映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(IMAX3D)」感想

アリス・イン・ワンダーランド

圧倒的な映像美!!これはIMAX3Dで観て良かった!!

ティム・バートンが製作に回ったためか、グロさは控えめ、その点はよりファミリー向けになっている感じです。白塗りのジョニデの存在感も良い感じ。

大人になったアリスは父の船で海賊を退けての帰還、でも海よりも世間の荒波の方が辛かった。女性がまだ自由を制限されていた時代、アリスに振られた男の腹いせと母親の無知から、アリスは船を奪われ事務員にされてしまいそうに。

でもかつてワンダーランドで出会ったアブソレム(声はアラン・リックマン!)に導かれ、再び鏡から懐かしい不思議の国へ。そこではマッドハッターが病んでいた。偶然見つけた青い帽子、彼はジャバウォッキーに殺された家族が生きているかも知れないと言い出す。誰も彼を信じない。アリスさえも。彼を治すには時間を越えて真実を確かめるしかない。

時を操るタイム、ここでも赤の女王が邪魔をする。
そして赤の女王の頭がデカい理由と白の女王との確執の原因も判明する。


アリスが時間の海を越えていく絵がいい。これは3Dで見ないと!そしてアリスが船長だという設定もここで効いてくる。アリス、あひる口で飛び切りの美人とはいえないけれど、勇気ある魅力的な女性になっています。その勇気が道を切り開く・・過去でも現在でもワンダーランドでも、そして未来も。

とにかく美術関連が見応えあります。

色彩の洪水が画面を覆っているようで、実にシックだったり。このあたりのセンスはディズニーのみならず、ティム・バートンから受け継がれた画面作りなのでしょう。

ずっとスクリーンに見入ってしまう。

そして最後に・・・「アラン・リックマンに捧ぐ」と。嗚呼、スネイプ先生・・これが遺作なのですね。


アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 セレクト マッドハッター 高さ約18センチ プラスチック製 塗装済み アクションフィギュア


Alice Through the Looking Glass

STAFF
監督 ジェームズ・ボビン
脚本 リンダ・ウールヴァートン
原案 ルイス・キャロル 『鏡の国のアリス』
製作 ティム・バートン ジョー・ロス  スザンヌ・トッド ジェニファー・トッド
製作総指揮 ティム・バートン
音楽 ダニー・エルフマン
主題歌 『ジャスト・ライク・ファイア』 - P!nk
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ  ロス・フィルムズ  ティム・バートン・プロダクションズ  チーム・トッド

CAST
タラント・ハイトップ(マッドハッター) ジョニー・デップ 平田広明
アリス・キングスレー ミア・ワシコウスカ 安藤瞳
イラスベス(赤の女王) ヘレナ・ボナム=カーター 朴ろ美
ミラーナ(白の女王) アン・ハサウェイ 深田恭子
タイム サシャ・バロン・コーエン 滝藤賢一
ザニック・ハイトップ リス・エヴァンス 吉見一豊
トウィードルダム、トウィードルディー  マット・ルーカス 小形満
ヘレン・キングスレー リンゼイ・ダンカン 一柳みる
ヘイミッシュ レオ・ビル 間宮康弘
アスコット夫人 ジェラルディン・ジェームズ 宮寺智子
アディソン・ベネット医師 アンドリュー・スコット
オレロン王 リチャード・アーミティッジ 田中美央
ジェームズ・ハーコート エド・スペリーアス 下崎紘史
アブソレムの声 アラン・リックマン 土師孝也
ベイヤードの声 ティモシー・スポール 廣田行生
サッカリー(三月ウサギ)の声 ポール・ホワイトハウス 大川透
チェシャ猫の声 スティーヴン・フライ 茶風林
マリアムキン(ヤマネ)の声 バーバラ・ウィンザー 京田尚子
マクトウィスプ(白ウサギ)の声 マイケル・シーン 塩屋浩三
ウィルキンズの声 マット・ヴォーゲル 郷田ほづみ
ハンプティ・ダンプティの声 ウォーリー・ウィンガート 後藤哲夫
ノーバディの声 ミーラ・サイアル おまたかな
エルズメア王妃 ハティ・モラハン 大地葉
幼いマッドハッター ルイ・アシュボーン・サーキス 藤巻勇威
アレグザンドラ ジョアンナ・ボビン 東條加那子
幼いミラーナ アメリア・クラウチ 内藤穂之香
幼いイラスベス レイラ・デ・メサ 石井晏璃
タイバ・ハイトップ シモーヌ・カービー 横山友香
配達のカエルの声 オウェイン・リス・デイヴィス 落合弘治
魚の紳士の声 エドワード・ペサーブリッジ 多田野曜平

ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

タグ:映画 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 2016年7月2日 TOHOシネマズ日劇

『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 を鑑賞しました。 前作からの続きではあるが・・・ 【ストーリー】  ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)...

2016.07.10 (Sun) 23:21 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

評価:★★★【3点】(11) 興味がないのに伴侶に強制連行された。その1。

2016.07.10 (Sun) 23:47 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

ティム・バートンの手を離れ、同じキャストでの続編『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』を観てきました。 ★★★ もともと前作もティム・バートンらしさを控えめな異色作でしたが、今回は製作にまわってしまったので彼らしさがほぼ消えてしまいました。 主役のアリスと...

2016.07.10 (Sun) 23:59 | そーれりぽーと

劇場鑑賞「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」

過去を、乗り越える… 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607010000/ アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2700円(税込、送料無料) アリス・イン・ワンダーランド【Blu-ray】 [ ジョ...

2016.07.11 (Mon) 05:14 | 日々“是”精進! ver.F

映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版』(公式)を公開初日の本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー アリス(ミア・ワシコウスカ)は父親の形見であるワンダー号での3年間の航海を終えてロンドンに帰郷するが、雇い主からその船を奪われそうになり困惑して...

2016.07.11 (Mon) 05:33 | ディレクターの目線blog@FC2

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

凡作やけどアラン・リックマンが命を与えている!  

2016.07.11 (Mon) 09:58 | Akira's VOICE

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」:アリスの世界じゃないよね

映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』は、原題の“Alice throu

2016.07.11 (Mon) 10:22 | 大江戸時夫の東京温度

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅3DIMAX★★★★

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を務...

2016.07.11 (Mon) 12:35 | パピとママ映画のblog

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

亡き父の後を継ぎワンダー号の船長となったアリスは、3年に渡る大航海を終えてロンドンへ戻る。 だが待ち受けていたのは、船を手放すという厳しい現実だった。 途方に暮れる彼女の前に、突然、青い蝶アブソレムが現れ、友だちのマッドハッターの危機を告げる。 アリスはハッターを救うため、再びワンダーランドへ行くことに…。 「不思議の国のアリス」のその後を描く、冒険ファンタジー第2弾。

2016.07.13 (Wed) 08:44 | 象のロケット

悲しい過去に捕らわれていると・・・。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

2010年に公開された映画の続編。アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャーです。

2016.07.14 (Thu) 19:49 | 水曜日のシネマ日記

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」

7月4日、映画館にて観てきました。 前作の「アリス・イン・ワンダーランド」から早くも6年経ってしまいました。その前作の感想の中で書いたことですが、夢オチで終わる「アリス」の原作は、子供の頃から好きではなかったのです。でも大人になって考えてみると、ここまで面白い物語は夢であろうと妄想であろうと許せるような気がするのです。 完璧なキャラ達。それだけで、アリスは永遠に傑作と言われ続けられるべき...

2016.07.18 (Mon) 15:06 | 森の中の一本の木