相棒 season15 第9話 あとぴん~角田課長の告白 感想

相棒

中学時代の写真部の仲間が殺害されて・・暇課長クローズアップ回!!

第9話 あとぴん~角田課長の告白

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る。いっぽう、角田から除け者扱いされていた亘(反町隆史)は独自の調査で、光田と仁藤の繋がりを掴む。34年前、光田は近所の工場火災の写真で賞を取ったのだが、その火事は保険金目当ての自演放火で、仁藤は放火犯として逮捕された工場主の息子だという。結果として光田の写真が、仁藤の家族を破滅させるきっかけを作ったのだった。その後、角田が仁藤に、「あとぴん」というあだ名で呼ばれていた恩師の小林がこん睡状態にあると告げると、仁藤はあっさり光田殺しを自供する。しかし、右京は、真犯人は別にいると感じていた。角田の同級生は、なぜ、誰に殺されたのか?犯行を自供した男の真意とは…!?角田を翻弄する時を超えた難解な事件に、特命係が立ち上がる!!

ゲスト:相島一之 脚本:宮村優子 監督:橋本一


2時間サスペンスの良くありそうなネタ。

恩師の娘婿になった男の苦悩。
謎解きは右京さんの役目とはいえ、冠城さんも彼らしいフォロー。

しかし暇課長の貴重なメイン回。普段は酸いも甘いも噛み分けて無茶はしない暇課長も、昔の仲間のためには熱くなってしまうのですよね。男の素朴な友情が微笑ましい。米沢さんはじめ、昔からのレギュラーがどんどんいなくなってしまう中、暇課長はずっといて欲しいな。

最近の相棒はお薬絡みのダークな話題ばかりの「相棒」。
それを払拭するドラマを見たいものですねえ。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

タグ:相棒

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント