映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」感想

バイオハザード:ザ・ファイナル

アリス、アリシア、レッドクイーン・・3人の、そして人類の運命は??

ここまで来れば、ひとつの映画のシリーズとして確立されているので、ゲームのプレイの有無など関係なく楽しめる作品になっています。ファイナルというだけに、アリスの正体、世界の結末が描かれてはいますが・・・

物語そのものはバレバレなので、意外性はあまりありませんw

とにもかくにもアクションの連続、もしくはアリスを印象的に映すシーンの連続。短いスパンで何かが起こり、アリスは戦い続ける。物語ガー、設定ガーなどはむしろどーでも良いとすら思えて来る。アリスがアリシアの・・と言われても「はい、そうですか」程度。それよりも憎々しげなアイザックスの方が気にかかる。

見所はビジュアル。日本でこういうものを作ろうとすると、どうしても画面から漂ってくる安っぽさでシラケるのだけれど、さすがにそれはない。休日の時間の使い方として、この映画を見るのは悪くない、気楽に楽しめる映画。

アリシアの「あなたはクビよ!」で、ウィスカーが殺されるのは「ロボコップ」ですねw


Resident Evil: The Final Chapter

STAFF
監督 ポール・W・S・アンダーソン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
原作 カプコン『バイオハザード』
製作 ポール・W・S・アンダーソン ジェレミー・ボルト ロバート・クルツァー サミュエル・ハディダ
製作総指揮 マルティン・モスコヴィッツ ヴィクター・ハディダ
音楽 ポール・ハスリンジャー
主題歌 L'Arc~en~Ciel「Don't be Afraid」

CAST
アリス・アバーナシー ミラ・ジョヴォヴィッチ 本田貴子
アリシア・マーカス ミラ・ジョヴォヴィッチ 本田貴子
アリシア・マーカス(幼少期)エヴァ・アンダーソン
レッドクイーン かないみか
アレクサンダー・ローランド・アイザックス イアン・グレン 水内清光
サミュエル・アイザックス イアン・グレン 水内清光
アルバート・ウェスカー ショーン・ロバーツ 立木文彦
クレア・レッドフィールド アリ・ラーター 岡寛恵
ドク オーエン・マッケン 浪川大輔
コバルト ローラ
レイザー フレイザー・ジェームズ 西凜太朗
アビゲイル ルビー・ローズ 野一祐子
クリスチャン ウィリアム・レヴィ 伊藤健太郎
チュウ司令官 イ・ジュンギ 石田彰
ジェームズ・マーカス博士  下妻由幸


原題は「Resident Evil:」版権の関係で「バイオハザード」なのは日本だけというのは有名な話ですね。


Art de pain Dorffer

Art de pain Dorfferの林檎のタルトフランベ

鑑賞後にお茶しました。林檎のタルトフランベ、来た時は大きさに驚きますが、極薄なので、ここのフレンチトーストよりボリュームは少ないかも。極薄生地にクリームをちらちら挟んで極薄スライスの林檎載せて焼いたもの。幸福だったアリシアの少女時代は、こんなお菓子を食べたかも知れないなと。

バイオハザード

かつて存在した「バイオハザードカフェ」へ行った時の日記は→こちら


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

タグ:映画 バイオハザード:ザ・ファイナル

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント