相棒 season15 第13&14話 前後編SP 声なき者 感想

相棒

神戸くんに米沢さんなどの懐かしい顔、お馴染みの顔が勢ぞろい。

第13話「声なき者~籠城」

時は、今から1年ほど前にさかのぼる…。2016年2月。住宅街の一角で、若い男が頭から血を流して倒れているのが発見される。目撃者の情報から、現場から逃げた車の持ち主が司法浪人の真渕(三浦英)と判明。スマホの位置情報などから、小さな町工場に逃げ込んでいることが発覚する。立てこもり事件の発生を受け、警視庁から特殊部隊が出動。その様子がテレビで生中継されるなど、現場は騒然となる。そんな中、たまたま現場に居合わせた右京(水谷豊)と、法務省から出向中だった亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。すると事件直前、『若い男が女児に声を掛けている』という不審者情報があったことが分かる。その頃、捜査本部には真渕からメールが届いていた。吉井聡美(及川莉乃)という女性を連れてくれば、人質は解放するという。しかし、彼女は3週間前に死亡しており、警察は犯人を刺激しないよう、亡くなっていることを伏せて説得を続けることに。くしくも彼女は、尊(及川光博)が大河内(神保悟志)からの個人的な依頼で、身辺を調査していた女性だった。また、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も、吉井聡美と何らかの繋がりがある様子で…!?

ゲスト:及川光博 菅原大吉 六角精児 脚本:太田愛 監督:橋本一


神戸くん再登場から大河内さん!!

二人の異母兄弟説に盛り上がった向きにはうれしい流れです。神戸くん、ストライプのシャツだった特命係時代とか異なり、粋な白いボタンダウン、ネクタイもきっちりと。

1年前から始まっていた事件。

単純な立て籠りではなくそれは警察内部の闇へと繋がっていく。犯人が指名した女性、吉井聰美は死んでいた。だとすれば、冒頭で神戸くんと大河内さんが話していたは誰??

米沢さんの敵意をいなす冠城さん。米沢さんも特命係のとぱっちりを受けるのに嫌気がさしたようです。これが転職の原因のひとつという流れ?

犯罪者の目的は何か?考える右京さんの所に神戸くんから電話が・・

怪しいネット会社とか、警察庁長官官房総務課長やエリート官僚が参加する会とか、色々と謎が深まる前編。このあたりのやりとりも懐かしい感じ。まあ、右京さんが核心をついても、刑事部長はじめ、エリートというのは無能で保身しか考えていないといういつものアレですが。

こんな捜査能力ゼロの馬鹿でも、ゴマすりと保身だけで刑事部長になれるんだね、警察ってチョロイね。セクハラも詐欺も横領もやり放題なのは、あながち嘘とは思えなくなるよねw

前編のラストは、右京さんと神戸くんの再会。

このあたりもファンサービスと共に事件が根深いものだという事を感じさせる引きですね。ミッチーも反町もカッコいいけど違うタイプ。だから両方が出て来ても邪魔にならないよね。


第14話「声なき者~突入」

今から一年前に右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が遭遇した謎の立てこもり事件。膠着状態に陥る中、右京は尊(及川光博)から犯人の要求している女性・吉井聡美(及川莉乃)に関する情報を入手する。尊によると、すでに亡くなっている彼女の死因は自殺の可能性が高いのだが、なぜかその前の2か月余り幼い息子と姿を消していた時期があるという。いっぽう、亘は右京が立てこもり犯と目星をつけている新堂司(田中偉登)という高校生の家族について調べていた。司の父・誠(永野典勝)は法務省矯正局のホープだが、家族に暴力をふるっていた疑いがあり、妻や子供たちと別居中であることが判明。さらに、誠が女性蔑視の思想を持つ団体の会員であることも分かる。その団体には、省庁の重役も多く、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も名を連ねていた。司は、誠から逃げるためにシェルターに身を寄せていた母と妹を通じて、同じくDVから逃れようとしていた聡美と知り合ったのではないか? しかし、だとしたらなぜ司は真渕(三浦英)に重傷を負わせ、人質を取って立てこもりなどしているのか…!?そんな中、右京の依頼で真渕のパソコンを調べていた米沢(六角精児)の報告である疑惑が浮上し、右京は真渕になりすまして立てこもりを続ける司の真の目的を察知。人質を含め全員を無傷で確保しようと動き出す。しかし、立てこもり犯が真渕でないことが公となり、司が危機的な状況に陥ってしまう。そんな中、なぜか事件を隠蔽しようと暗躍する山崎により、特殊部隊の強行突入が刻一刻と迫っていた。衝撃のラストが「劇場版IV」に関連する因縁をもたらす!

後編は右京さんと神戸くんの再会から。

大河内さんの恩師の依頼で、吉井聰美の身辺を調べていた神戸くん。彼女と直接あう約束をした時、彼女はホームから転落して死亡したのだという。そして大河内さんへの恩師からの依頼断りの電話を思うに、何か闇の勢力が働いた事は明らか。表向きは事故死。

妻と息子はエリートDV夫から逃げた。

エリート選民様は、DV暴力当たり前の屑。
人として大切な部分が欠落している人間が増えすぎて怖い。

健全な家庭を守る会・・という時代錯誤の差別団体。

自分の暴力を正当化するための言い訳。
エリートは見下せる人間がいないと不安なのだろうな。空疎な自身を鼓舞するために。

それも「自分は特別だから許される」と思っている。何処かの大統領並みに思い上がってますな。なんて心が貧しい奴。こんなのが官僚だのやってるんですから、日本がこんな酷い有様になるんですよね・・というテレ朝らしさもありで。じゃあ、日本人以外の人々の犯罪はどうなの?そこは?wと突っ込まれるのがお約束かなw

怪しい会社はやっぱり暴力団絡み。DVから逃げた妻と子を探し出すのが本当の仕事。エリートさんと警察や暴力団の癒着は今に始まった事ではないけれど。そんなこんなで少年は追い詰められていく。あんな屑が約束を守るとは思えないのに、やはり子供だな。母親ともども殺されると思わないのか?

間一髪の所で、右京さんの電話を少年が受ける。

右京さんの作戦が始まる。

エリートさんは自分の出世が大事、妻も我が子も犠牲にする。警察の偉いさんの知り合いが強硬突入させて息子を殺してしまおうとする。屑の刑事部長はあっさりという事を聞いてしまう。こいつも人の真実より人の命より保身が大事の屑。まあ、こいつがいなくなるともっと醜悪な奴が刑事部長になるかも知れないから、これでも憎めない所があるこいつはこのままでいいかな。退場する時は、出来るだけ惨めに退場させて欲しい。参事官に足蹴にさせるとかw

相棒

次の敵は山崎と自称エリートなる屑人間集団の闇。これが劇場版へと・・・

劇場版では完膚無きまでに叩きのめして欲しいです。


太田愛さん、やはり良い脚本は書くなぁ。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

タグ:相棒

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント