FC2ブログ
映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想
rm

毒家族に人生をつぶされかけた少年が救われる話。

もっとも本当の毒親はこんな風に簡単に改心はしない。
そこはディズニー、「家族は素晴らしい」で終わる。

音楽家を目指すミゲル少年を全否定する靴職人の一族、孤立感に苛まれながら子供ゆえの無力でどうする事も出来ないミゲル、そして事件は起き、死者の国に紛れ込むミゲル。ここでも”生きた子供”として忌み嫌われ、現世と同様の孤立感と言われない排斥にあうミゲル。だが・・

リメンバーミー デラクルスのギター 【劇中アイテム、光って音が鳴る】並行輸入品 coco
音楽がミゲルを救う。

舞台がメキシコというのも、商売上手のディズニーだから、メキシコ嫌いの大統領への当てつけでやったのではないだろう。多少は皮肉もあるのかも知れないが。アメリカにない、あるいは失われた家族愛と団結を描くのにふさわしい舞台として選んだのだろう。

日本のお盆のような風習。写真を飾られた死者は「死者の日」にあの世から戻って来られるという。そして誰もに忘れ去られた者は、死後の世界で第二の死を迎える。

ピクシーらしい綿密で丁寧に作られたアニメーション。一家のヒミツ、一族の長老のママ・ココ(原題がCocoの意味が解る)の父親の死の真実など、流れも脚本もいい。子供の集中力の限界を考えた、歌や音楽の使い方、場面転換のタイミングなど、さすが。

吹き替えにタレントも使っているが、ちゃんと歌えて芝居も出来る人選、ボロを出させない工夫もあり。そこがジブリやポケモンなどとの違い。もっともディズニーもマーベル系の実写だと下手くそパンダてんこ盛りでやらかす事はあるが。子供向けではクオリティを考えるのか、日本の側のスタッフにまだ良心があるのか。

エンドロールの日本版の「リメンバー・ミー」も賑やかに仕上がっていて良かった。マリアッチと呼ばれる人々の歌とギターをもっと聞きたくなる作品。


映画 アナと雪の女王 家族の思い出 ポスター 42x30cm Olaf's Frozen Adventure アナ エルサ オラフ クリストフ [並行輸入品]

同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」

子供連れも多く賑やかだった場内。それがアナ雪が始まったとたん、ぐずっていた子供までもがぴたっと静かになってスクリーンに集中。さすがアナ雪。

Ost: Coco

Coco

STAFF
監督 リー・アンクリッチ
脚本 エイドリアン・モリーナ
製作 ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮 ジョン・ラセター
音楽 マイケル・ジアッチーノ
主題歌 シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ「リメンバー・ミー」(日本版エンドソング)
編集 スティーブ・ブルーム リー・アンクリッチ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

CAST
ミゲル・リヴェラ アンソニー・ゴンザレス 石橋陽彩
ヘクター ガエル・ガルシア・ベルナル 藤木直人
エルネスト・デラクルス ベンジャミン・ブラット 橋本さとし
ママ・イメルダ アラナ・ユーバック 松雪泰子
エレナ・リヴェラ レニー・ヴィクター 磯辺万沙子
エンリケ・リヴェラ ハイメ・カミーユ 横山だいすけ
パパ・フリオ アルフォンソ・アラウ 多田野曜平
オスカル/フェリペ ハーバート・シグエンサ 佐々木睦
事務官 ガブリエル・イグレシアス チョー
広場のマリアッチ/グスタヴォ ロンバルド・ボイヤー 坂口候一
ママ・ココ アナ・オフェリア・ムルギア 大方斐紗子
幼いココ リベルタ・ガルシア・フォンシ 中村優月
フリーダ・カーロ ナタリア・コルドバ=バックリー 渡辺直美
ロシータ セレーネ・ルナ 雨蘭咲木子
チチャロン エドワード・ジェームズ・オルモス 宝亀克寿
ルイサ・リヴェラ ソフィア・エスピノーサ 恒松あゆみ
出国係官 カーラ・メディナ 森千晃
ヴィクトリア ディアナ・オルテリ 冠野智美
ベルト・リヴェラ/ドン・イダルゴ ルイス・バルディーズ 西村太佑
司会者 ブランカ・アラセリ 魏涼子
セキュリティ サルバドール・レイエス 松田健一郎
矯正官 チーチ・マリン 丸山壮史
入国係官 オクタビオ・ソリス 佐々木啓夫
ファン・ハノキョーセー ジョン・ラッツェンバーガー 立木文彦
ロス・チャチャラコス女性メンバー シシド・カフカ
ロス・チャチャラコス男性メンバー 茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)
ダンテ フランク・ウェルカー


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Tag:映画

Comment 0

Trackback 8

この記事へのトラックバック
  •  『リメンバー・ミー』 2018年3月18日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
  • 『リメンバー・ミー』 を鑑賞しました。 リメンバー・ミーはパスするつもりであったが、みてよかった! 【ストーリー】  過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に...
  • 2018.04.12 (Thu) 14:15 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-
この記事へのトラックバック
  •  映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
  • 映画 『リメンバー・ミー(日本語字幕版)』(公式)を本日 公開初日に、シネマイクスピアリにて劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ディレクター目線のざっくりストーリー 本年度アカデミー賞R 2部門受賞(歌曲賞、長編アニメ映画賞受賞) とある理由で家族に音楽を禁止されながらも、ミュージシャ...
  • 2018.04.12 (Thu) 14:30 | ディレクターの目線blog@FC2
この記事へのトラックバック
  •  試写会「リメンバー・ミー」
  • 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201803080001/ リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック [ (V.A.) ]
  • 2018.04.12 (Thu) 15:39 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール
  •  「モーニング」さんからのご招待。客入りは1階席多分満席、2階席9割位。CGアニメ作品なので、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。日本語吹き替え版が上映された。「アナ雪」の短編は上映無し。
  • 2018.04.12 (Thu) 19:33 | 新・辛口映画館
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  リメンバー・ミー
  • メキシコで代々靴屋を営む家に生まれた少年ミゲルは、ギターが大好き。 でも、厳格な《家族の掟》のせいで、ギターを弾いたり音楽を聴くことは固く禁じられていた。 年に一度、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”に、町が生んだ伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスの墓に忍び込んだミゲルは、ガイコツたちが楽しく暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう…。 ファンタジー・アニメ。
  • 2018.04.14 (Sat) 12:08 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  まだ上映してた
  • ググるとまだ上映してたでも時間的に不可能上映時間が早いと観られるのに諦めるしかないみたい。... 映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想
  • 2018.05.27 (Sun) 08:44 | サザンカクロス

What's new?