FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「ヴェノム」感想

v

ギャグの少ないデップーみたいな主人公

傲慢で自己中、自分は何をしても大丈夫だと何故か思い込んでいる。巨大な企業に立ち向かうリスクも考えない、恋人のPCを盗み見る礼儀知らず、それによって恋人まで被害を被る事すら知らないふり。真実を報道して社会に警鐘を鳴らす事より、特ダネで自分の名声を高めたかっただけの、ある意味分かりやすい人物。

そして職を失い転落、目の前で強盗を見ても知らぬふり。

天才ドレイクのロケットが持ち帰った液体型の地球外生命体シンビオート。地球上では生物に寄生しないと生きていかれない。ドレイクは秘密裏にホームレスを使って人体実験をしていた。ドレイクの非道なやり方に耐え切れなくなった博士がエディにそれを伝えるが・・

あれだけ警備が厳重そうなのにあっさりと入れてしまったり、色々とツッコミたい所が。エディがヴェノムに寄生されてしまうシチュエーション作りがちょっと無理矢理。アクションはまあまあ迫力はあるけれど、「ブラックパンサー」でもカーチェイスは沢山見たし、マーベルもそろそろお腹いっぱいであまり驚きはなかったかな。

シンビオートの真の目的は仲間を呼び寄せて人間を食らう事。エディに寄生して地球を好きになったヴェノムはその計画を阻止する事にする。だが人間相手には圧倒的なヴェノムも同族の中では負け犬で、同じ種族のライオットにはまったく歯が立たない。シンビオートの弱点のとある周波数帯の音をアンが流してくれたおかげで、何とか阻止するのだが。

ドレイクに寄生したライオット、エディに寄生したヴェノム、そのあたり、もう少しやりとりや戦いに盛り上がりが欲しかったかな。せっかくの良い設定なのに、生かし切れていなかった歯がゆさを感じた。弁護士のアンが何故周波数を操れたのかとか、ライオットがどうしてロケットの操縦法を知っていたのかとか、色々とここでもツッコミつつ・・

エンドロールでは途中とその後と2回も映像が。スパイダーマンのアニメ、たぶんスパイダーマンと世界を共有するという設定の含みなのだろうけれど、大半の観客には説明不足で何が何やら・・もうマーベルも手を広げ過ぎて収拾がつかない印象だけが残った。

スタン・リー御大はラスト近くでエディに話しかける犬を連れた老人。

ポスター/スチール写真 A4 パターン4 ヴェノム 光沢プリント

Venom

STAFF

監督 ルーベン・フライシャー
脚本 スコット・ローゼンバーグ ジェフ・ピンクナー ケリー・マーセル ウィル・ビール
原作 デイビッド・ミッチェリニー トッド・マクファーレン『ヴェノム』
製作 アヴィ・アラッド マット・トルマック エイミー・パスカル
音楽 ルドウィグ・ゴランソン
撮影 マシュー・リバティーク
編集 メリアン・ブランドン アラン・ボームガーテン
製作会社 コロンビア映画 マーベル・エンターテインメント テンセント・ピクチャーズ アラッド・プロダクションズ マット・トルマック・プロダクションズ パスカル・ピクチャーズ
配給  ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

CAST
エディ・ブロック / ヴェノム トム・ハーディ 諏訪部順一(エディ)/ 中村獅童(ヴェノム)
アン・ウェイング ミシェル・ウィリアムズ 中川翔子
カールトン・ドレイク / ライオット リズ・アーメッド 花輪英司
ローランド・トリース スコット・ヘイズ 志村知幸
ダン・ルイス リード・スコット 桐本拓哉
ドラ・スカース ジェニー・スレイト 武田華
ジャック マック・ブラント ふくまつ進紗


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

映画

0 Comments

Post a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ヴェノム
  • スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダンケルク」のトム・ハーディ主演で映画化。サム・ライミ監督作「スパイダーマン3」にも敵として登場したヴェノムを、「ゾンビランド」「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー監督のメガホンで、新たなダークヒーローとして描く。あらすじ:「誰もが望む、歴史的偉業...
  • 2018.11.03 (Sat) 22:51 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
  •  ヴェノム
  • アメリカの男性ジャーナリスト、エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているという噂のライフ財団に突撃取材したせいで会社をクビになり、恋人アンとも別れることに。 それでも財団の研究所に潜入したエディは、スーパーパワーを持つ“シンビオート(地球外生命体)”に寄生されてしまう。 恐ろしい意志を持つ生命体はエディと一体化し、「俺たちは−ヴェノムだ。」と名乗りを上げる…。 SFアクション。
  • 2018.11.03 (Sat) 23:55 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「ヴェノム」
  • 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201811020001/ VENOM (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK)【輸入盤】▼/LUDWIG GORANSSON[CD]【返品種別A】価格:1659円(税込、送料別) (2018/10/27時点)
  • 2018.11.04 (Sun) 06:28 | 日々“是”精進! ver.F