FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「くるみ割り人形と秘密の王国」感想

kn

ディズニーらしい映画。

豪華なセット、可愛いヒロイン。クリスマス・イブ、夢いっぱいの贈り物への糸が冒険の始まり、その先に見つけた鍵、不思議な国、奇妙な人々、女王様、ヒロインはお姫様、王国を取り戻す戦い・・

何となく見たような映像・・あまり新鮮味はない。
「不思議の国のアリス」シリーズなど、あのあたり。キンキラ、歯車、時計。

いつものディズニーのいい子ちゃんぶりっこ。くるみ割り人形は黒人(人形の時は白人なのに)、バレリーナも黒人。ホワイトウォッシュと叩かれないための見え見えのやり方、アジアン不細工の方はムーランでやるから許してねという事だろう。オジサン兵士二人のイチャイチャがLGBTQ対策か。

ヘレン・ミレンの戦闘シーン、よろよろした鞭よりも魔法か何かの闘いの方が良かった気がする。彼女の威厳がそこなわれ過ぎて気の毒だ。

エンドロールのバレエが一番の見所。

黒人女性として初のプリンシパル・ダンサーとなったミスティ・コープランドと英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少男性プリンシパルとなり電撃退団、映画にもなったセルゲイ・ポルーニン。二人のバレエも素敵。

くるみ割り人形と秘密の王国

The Nutcracker and the Four Realms

STAFF
監督 ラッセ・ハルストレム ジョー・ジョンストン
脚本 アシュリー・パウエル サイモン・ボーファイ トム・マッカーシー
原作 E.T.A.ホフマン『くるみ割り人形とねずみの王様』
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 リヌス・サンドグレン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

CAST
クララ・シュタールバウム マッケンジー・フォイ 小芝風花
シュガー・プラム キーラ・ナイトレイ 坂本真綾
マザージンジャー ヘレン・ミレン
ドロッセルマイヤー モーガン・フリーマン
キャプテン・フィリップ ジェイデン・F・ナイト 小野賢章
花の国の統治者ホーソーン エウヘニオ・デルベス
雪の国の統治者シヴァー リチャード・E・グラント
バレリーナ・プリンセス ミスティ・コープランド


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

映画

0 Comments

Post a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「くるみ割り人形と秘密の王国」
  • 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201812010000/ くるみ割り人形と秘密の王国 オリジナル・サウンドトラック [ ジェームズ・ニュートン・ハワード ]
  • 2018.12.05 (Wed) 06:44 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  『くるみ割り人形と秘密の王国』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『華氏119』
  • 映画の日鑑賞3本をちゃっちゃっと手早く。 ◆『くるみ割り人形と秘密の王国』トーホーシネマズ六本木3 ▲新春隠し芸大会の英語劇みたいな衣装(予算は百倍くらい違いそうだが)。 五つ星評価で【★★★リアルじゃないけどまあ楽しい】 ・主役のマッケンジー・フォイちゃん可愛い。  ドレスも可愛いが、軍服みたいなのも萌える。 ・白人の彼女のおじさんがモーガン・フリーマンって、どない...
  • 2018.12.05 (Wed) 08:45 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
この記事へのトラックバック
  •  くるみ割り人形と秘密の王国
  • 母を亡くし、心を閉ざした少女クララがクリスマス・イヴにもらったもの、それは鍵のかかった卵型の入れ物だった。 その鍵を探すうちに、彼女は“花の国”、“お菓子の国”、“雪の国”、“第4の国”からなる、誰も知らない<秘密の王国>へ迷い込んでしまう。 クララはプリンセスと呼ばれ、この世界を創り上げたのが亡き母であることを知る…。 冒険ファンタジー。
  • 2018.12.05 (Wed) 09:49 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  映画「くるみ割り人形と秘密の王国(日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
  • 映画 『くるみ割り人形と秘密の王国(日本語吹替版)』(公式サイト)を公開初日の本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★...
  • 2018.12.05 (Wed) 10:22 | ディレクターの目線blog@FC2
この記事へのトラックバック
  •  『くるみ割り人形と秘密の王国』 2018年11月2日 シネマイクスピアリ
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』 を試写会で鑑賞しました。 シネマイクスピアリは初めて行った。座り心地の良い椅子で傾斜もあり見やすかった。 【ストーリー】  14歳の少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、機械をいじることが大好きで、ほかの子と遊んだりお洒落をしたりすることが不得意だった。ある日、彼女の豊かな想像力と聡明さを認めてくれていた母親が亡くなる。悲しみの中、彼女は“花の国”“雪の国...
  • 2018.12.05 (Wed) 22:06 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-