FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

相棒 season17 第7話 感想

Category - 相棒
aib

亀が可愛い!!

第7話「うさぎとかめ」

ある朝、オフィス街でリクガメを見掛けた右京(水谷豊)が、後をついていくと、公園のテントで血を流して意識を失ったホームレス男性(山中崇)を発見。彼のペットと思われるカメを保護した右京は、亘(反町隆史)とともに襲撃事件の背景を調べ始める。手掛かりは、テントにあった新聞。調べると、新聞は水曜日に発行されたものばかりで、そこには男性が『詠み人知らず』という筆名で投稿した短歌が、何度も掲載されていたことが分かる。さらに、その作風から、同じ人物がかつて、『うさぎ』という筆名を使っていたことも判明。右京たちは、ホームレス男性が、2年前に失踪した鮫島という国土交通省港湾局の官僚であることを突き止める。国交省に問い合わせると、鮫島の同期で人事課長という要職にある杉原(松田賢二)が対応。さらに、鮫島の同期で現在は総務課長を務める谷川(関幸治)からも事情を聞くが、いずれも冷淡に応じるばかり。そんな中、鮫島が意識を取り戻すが、襲われたときの記憶を失っていて……!? 事件の謎を解く鍵は“カメ”と“短歌”!?背景には官僚が絡んだ2年前の談合疑惑が…特命係が埋もれかけた日本の闇と対峙する!

ゲスト:山中崇 関幸治 松田賢二 脚本:森下直 監督:橋本一


「特命係のぉ・・亀・・」久しぶりに聞いた!

官僚出世レース、失敗したら責任をなすりつけられて自殺のみ。だが世間から隠れる事で生き延びた男。逃げ延びた先で襲われる。それも離脱した出世レースに再び巻き込まれて。

大きな悪を支える小悪党の悪あがき。

亀が大活躍!!

特命係に嬉々として亀さんスペースを作る右京さん。渋々面倒を見る青木。亀はのろまの代名詞ですが、実はかなり早く歩く種類の亀もいるのですよね。以前、とある亀さんのお散歩を見かけたのですが、すたすた凄い勢いで歩いてました。

短歌の謎を青木に調べさせるあたり、青木の立ち位置は米沢さんかな。冠城さんと日下部さんの会話は、官房長と右京さん。相棒の歴史の中に相似形。それがファンにとって好悪どちらの印象になるかは使い方次第。

亀に残った痕跡が犯人を観念させる。再生

全体的に落ち着いた印象、余計なものを削り取って、見やすくしている。安心して見ていられる。相棒がかつての面白さへの復活の兆しの今シーズン。


ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 相棒

相棒

0 Comments

Post a comment