FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム[2D・字幕]」感想

sp

この映画の成功は、トムホあっての事だと思うのですよ。

彼のピーター・パーカーあっての成功だと。インタビューやハッピー役のジョン・ファブローの料理番組に出演した時を見るに、本当に良い子で、明るくて人を引き付ける。そして独特のこだわりや視点がある。

サム・ライミの映画は飛翔感が凄かった。これは映像の進化に丁度良い素材としてスパイダーマンが合致して、TVの展示などで良くその映像が使われていました。仕切り直しのアメイジングは、チャラ過ぎるスパイディで、好感度が低かった。

トムホのピーターには、彼自身の魅力が反映していると思うのですよ。どこまでも明るい、ちょっと危なっかしいけれど、やれば出来る子。まだ子供で、ヒーローの重圧を受け止め切れない。でも純粋で真っ直ぐ。トニーが彼の未来の可能性を見出し、自分の次を託したのが納得出来るピーター。

【映画パンフレット】アベンジャーズ エンドゲーム 通常版 パンフレット

「アベンジャーズ エンドゲーム」の後日談

冒頭から、退場したアベンジャーズのメンバー達への哀悼とオマージュの連続。特にピーターが慕っていたアイアンマン、トニー・スタークへの思慕が至る所に登場します。ピーターとトニーの関係というのも、重要な要素のひとつ。それを繋ぐのがハッピーの存在。いたらないながらも、何度かピーターを助けてくれます。

トニーの残した設備で新しいスーツを作るピーターの姿を、何か懐かしいものを見るように見ているハッピー。きっとトニーがそこで操作していたのを思い出したのでしょうね。有能とは言えないけれど、トニーはハッピーには心を開いていたし、ハッピーにとってもトニーはかけがえのない存在だったのが伝わるシーン。ここ、好きです

物語も良く考えられていて、学校の仲間との楽しいはずの欧州旅行が、突然現れた巨大な敵と謎のヒーローとニック・フューリーに台無しにされてしまうピーター。コミカルな中にもシリアスさもあり、飽きさせないバランスが良いのですよね。

【 XM Studio】マーベルレジェンド限定版 1/4 品 スパイダーマン ミステリオ フィギュア

ミステリオのジェイク・ギレンホールの演技力も大いに貢献しています。今まで良い人だったのが、ある瞬間にがらりと邪悪になる。この切り替えが見事なのですよ。彼の存在感が、ピーターのピンチと苦悩を浮き彫りにしてくれるのです。

ミステリオの過去の映像の中に、トニー・スタークが登場するのも嬉しい。ミステリオことクエンティン・ベックは、かつてトニーに自分の開発した装置をゴミ扱いされたのを恨んでいたのです。その装置と引き入れた仲間と共に作ったバーチャルな映像を使い、別の地球からやって来たヒーローを演じていたのです。

MJとの甘酸っぱい恋愛もあり。お互いに人づきあいが苦手で不器用で、他の男子が割り込んで来てやきもきするピーター。このあたりは心の中でジタバタしながら見守りましょう。ハッピーはメイおばさんと良い仲になったようですが、メイおばさんの方はあまり執着はしていない模様。二人の話を聞きながら「大人って・・」みたいに呆れて出て行ってしまうピーターも楽しい。

Tom Holland (Beacon Biography)

エンドロールの途中で、ミステリオが残した映像をTV局が流すシーンがあり・・何とここでも大嘘をつくミステリオ。アイアンマンの後を継ぎたいスパイダーマンが自分を殺した、そしてスパイダーマンの正体はピーター・パーカーだとばらしてしまうのです。ミステリオの仲間の仕業ですが、それを見て愕然とするピーター。最後まで嫌な奴で通すのですね、ミステリオ。次回作の展開が気になります。

エンドロールの最後で、もうひとつの騙しが明らかになります。

ニック・ヒューリーは、実はスクラル人タロスだった!マリア・ヒルもスクラル人が化けていた!といっても敵ではなく、ニックの命令で彼の代理を演じていたのですが。ニックがどうもいつもより冴えないし煮え切らなかったのは、本人ではなかったからという事でしょうか。「キャプテン・マーベル」を見ていないと、何だこれは?になってしまうとは思いますが。

見て損はない映画でした!

Spider-Man Far From Home: Blank Lined Superhero Gift Journal for Marvel Comic & Adventure Fans

Spider-Man: Far From Home

STAFF
監督 ジョン・ワッツ
脚本 クリス・マッケナ エリック・ソマーズ
原作 スタン・リー スティーヴ・ディッコ『スパイダーマン』
製作 ケヴィン・ファイギ エイミー・パスカル
主題歌 凛として時雨「Neighbormind」(日本語吹替版)
製作会社 コロンビア映画 マーベル・スタジオ パスカル・ピクチャーズ
配給  ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

CAST
ピーター・パーカー / スパイダーマン トム・ホランド 榎木淳弥
ミシェル・“MJ”・ジョーンズ ゼンデイヤ 真壁かずみ
メイ・パーカー マリサ・トメイ 安藤麻吹
クエンティン・ベック / ミステリオ ジェイク・ギレンホール 高橋広樹
マリア・ヒル コビー・スマルダーズ
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン 竹中直人
ハロルド・“ハッピー”・ホーガン ジョン・ファブロー 大西健晴
ネッド ジェイコブ・バタロン 吉田ウーロン太
ユージーン・“フラッシュ”・トンプソン トニー・レヴォロリ
ベティ アンガーリー・ライス 水瀬いのり
デルマーさん ヘムキー・マデーラ

ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - 映画・配信・DVD・BD

映画

0 Comments

Post a comment