FC2ブログ

Welcome to my blog

帰ってきた二次元に愛をこめて☆

Article page

初めてのスシロー

sr

初めてスシローへ行って来ました!

何か納得してしまいましたわ、どうしてスシローが人気があるのか。

sr
天然インド鮪7貫盛り

それはお寿司屋としては、ネタにこだわる人なら物足りない感があるかもしれませんが、それを補ってあまりある遊び感がいいんですよ。お寿司にこだわらず、ジュースもアイスもパフェもあって女子も子供も大喜び、お父さんは気楽に生ビールぐびぐび、ポテトにから揚げ、誰もが好きに楽しめるというのが。食べ盛りの子にはラーメンまであるし。お寿司が得意なファミレス的で。何よりも頼んだものがシューっとやってくるレーンが楽しさを盛り上げてくれるという。

回らないお寿司屋さんで、その日の飛び切りのネタを、大将のセオリーで順々に出してくれるのをゆっくりといただくというのも良いものです。そういう機会もあるのも人生の豊かさのひとつ。それでもSUSHIとして世界に飛び出した寿司という文化が、今の生活に合わせて変化するというのは当然の事で、そのひとつの例がスシローなのでしょう。

sr
ベトナム風ぜんざいチェー

最初からこんなものを頼んでも良いわけで・・

sr

えんがわも頼んでみました。

タッチパネルは気軽に頼めるのが良いですね。思うままに頼んでしまい、食べきれないと困るので、そこは理性を保ってセーブしつつも。おお、有名シェフとのコラボメニューも!

sr

メロンソーダのみながらパフェ食べながらお寿司にも行けるという、なんというフリーダム!!!

これはあれですね、バイキングのレストランで心の赴くままにお皿に取ってきてしまう時の高揚感と同じですよ。オードブルからメインへそして・・なんていいんです、ここでは気の向くままに食欲を満たしていけば!

sr
鯛だし塩ラーメン

そこでラーメン、まずはこちら。容器のふたが開きにくいのが難点ですが、あのレーンをシューっと飛ばして来るには、これくらいがっちりと閉めておかないといけないのでしょう。やや塩が濃いのと麺がもう少し細めの方が良いなと思いつつも、なかなか。

sr
濃厚えび味噌ワンタンメン

ビジュアルはともかく、海老ワンタン3つ入り。味噌のスープに海老の味が溶け込んで美味しかったです。

sr

タピオカ宇治抹茶ラテで〆。

sr

あいにく近所にはないので、また出先で見つけたら寄りたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい

Category - グルメ☆スイーツ

スシロー 寿司

0 Comments

Post a comment