fc2ブログ

相棒 season22 第7-9話 感想

☆もるがん☆

10

第7話「青春の光と影」

再結成が決まった4人組ロックバンド『ディープクルー』のボーカル・矢崎役の金子昇さんが良い存在感。ガオレッドからドラマや映画でご活躍。金子さんだから横暴な自己中と思われた矢崎が実は仲間に慕われていたという流れはありだったかと。音楽を職業として耳がだんだん聞こえなくなるのは、ベートーベンでなくても不安だったろう。


第8話「センチメンタル・ジャーニー」

中尾ミエさん演ずる老婦人と右京さんのバス旅行が面白い。いつもながら身代金を払ったとしても拉致された者が安全に帰って来る保証はないけれど。悪事を働いたものは自分に返って来るという事か。相棒には良くある因果応報。今回は右京さんと亀ちゃんが別々に動いてひとつの結末にたどりつく趣向。


第9話「男の花道」

この回の放映日の昼の再放送は、内村部長が真人間になってしまった回。そして反社との関わりの中で事件は展開。部長に命令されて反社の復讐のターゲットとなった弓生を警護する特命係。結局は・・倒れて目覚めた内村部長は元に戻ってしまいました!そして特命係に嫌味を言い出す。まあ、中園参事官もこれでひと安心かも?

ブログランキング・にほんブログ村へ
fc2が不調の際はお手数ですがミラーブログをご利用下さい
Posted by☆もるがん☆
相棒

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply